【慢性疼痛ゼロ、痛みのない生活ができる!!】

埼玉県加須市の鍼灸師で体軸セラピストの

けい鍼灸治療院院長の関口です。

 

こんばんは!

 

今日は、雨も降ってきて寒くなりましたね。

 

気温は、平年並らしいですよ!

 

10月なのに30度近くまで気温が高かったから

気温差で寒く感じるんでしょうね。

 

まあ、こういう時期は、

 

ギックリ腰や寝違えなど急性な痛みが多くなります。

 

身体を温める、急に動作を変えないなど

 

予防をしっかりしてください。

 

 

ではでは、本題です!

 

はり治療って痛みに関係する治療だと

思っている方が多いと思います。

 

確かに慢性疼痛の治療には、

効果があるとは感じています。

 

しかし、、、

痛み以外にも変化は出ます。

 

それは、、

 

「関節の動きの変化」

「運動パフォーマンスUP」

「歪みの改善」

 

などの運動器関係にも

変化はあります。

 

東洋医学な考え方だと、

内臓や自律神経などいろいろ

適応症状は聞いたことあると思います。

 

 

運動器関係は、

筋肉を覆っている筋膜が、

肥厚して癒着などを起こして

可動域が悪くなって

 

関節の動きや

運動パフォーマンスの低下に

なっていると考えられています。

 

なので、

 

はり治療で硬くなっている

筋肉や筋膜などの組織を

緩めることで、

 

関節の可動域や

運動パフォーマンスUPに

 

繋がっていると思います。

 

 

また歪みの問題も、

筋肉や筋膜の硬さによって

身体のバランスが崩れて

歪みが発生します。

 

歪みに関係する

ところを緩めることで

自然と歪みも戻っていきます。

 

 

なので、

 

はり治療は、

痛みの治療以外にも

運動器関係の治療にも

変化はありますよ!!

 

 

施術もやり方次第でいろいろできます!

 

 

 

けい鍼灸治療院HP