【慢性疼痛ゼロ、痛みのない生活ができる!!】

埼玉県加須市の鍼灸師で体軸セラピストの

けい鍼灸治療院院長の関口です。

 

10月に入っても涼しくならないですね。

 

どんな服装をしていいかわからなくなります。

 

まだ、ハーフパンツとTシャツで自転車通勤です、、笑

 

 

肩こりや腰痛など慢性症状で

 

治療を受けたのに

 

症状が戻ってしまう、、

また同じような症状がでる、、

一ヶ月くらいするとまた痛くなる、、

 

などよく聞きますね。

 

治療をしても、

日常生活を見直さないと

 

症状は、、、

 

改善しにくい、戻りやすい、、

 

ですね、、、。

 

 

腰痛や肩こりは、

仕事や生活環境と関係があります。

 

食事×運動×睡眠

 

この要素が大切になります。

 

この中でも今回は、

 

「食事」についてです!

 

食事を考えると、

 

食べる、飲むなどですね。

 

食べ過ぎは、もちろん胃や腸に負担が

 

かかるので内臓が疲れてしまい

 

神経との関係で背中や腰の筋肉が

 

硬くなり腰痛や肩こりの原因になりますね。

 

 

実は、飲むことを同じです。

 

冷たい物を飲む。

お茶やコーヒーを飲む。

お酒を飲む。

 

これらも肩こり、腰痛の原因になります。

 

冷たいものは、お腹が冷えるので

胃腸に負担がかかります。

 

お茶は利尿作用があるので

膀胱に負担がかかります。

 

コーヒーもカフェインなどの関係で

飲みすぎると胃に負担がかかりますね。

 

お酒は、もうわかりますね!!笑笑

 

 

じゃあ何を飲めばいいの???

 

となりますよね、、。

 

要は飲みすぎなければいいんです。

 

例えば、、、

 

コーヒーを1日に5杯以上飲むなら3杯にする。

 

お酒なら500mlを350mlにする。

 

など、飲む量を減らしてみましょう。

 

いきなりやめるのは、ストレスになるので

逆に体によくありません。

 

 

定期的に治療をしたり

運動しているのに

症状が変わらない人は、

 

食事の取り方や水分の飲み方を

振り返ってみて下さい。

 

日常生活の些細なことが、

慢性疼痛の原因になっているかもしれません。

 

 

あと、朝起きた時は、必ず水分を取ること!!

 

なるべく白湯を飲むことをおすすめします。

 

 

けい鍼灸治療院HP