闘魂日記<by 伴走社>

研修の取組みを通じて、人が育つ職場とはどうあるべきかを考えます。そして、研修成果、自己革新の行動が継続し、成果に繋げる取組みを追求していきます。


テーマ:

最近の職場は、上司も部下も非常に忙しくしていて、そもそものコミュニケーションを取る時間がない!という悩みも少なくありません。

 

そんな中で、上司の皆さんに質問です。

 

部下にどんな「問いかけ」をしていますか?

 

「あの仕事どうなった?」

「今、どんな感じ?」

「困ってることある?」

 

などなど、世間話から仕事の話まで色々な「問いかけ」をしていると思います。

今日は、この「問いかけ」を有効なものにするための工夫を考えてみます。

 

そもそも、何のために問いかけをするのか?

実は問いかけることで、部下育成において色々とメリットがあるんです。

 

●問いかけられることで、相手はより深く考えるようになる

●しかも、前向きな問いかけにより、相手の気持ちを前向きにする

●結果的に、相手が沢山話すことで、相手のことを深く知ることが出来る

 

人と話をすることで頭の中が整理出来たとか、元気が出てきたっていう経験ありませんか?

それは、問いかけられて話をすることで上記のようなメリットが生まれるので、そんな感覚になるんです。

 

でも、問いかけてるつもりだけど、だんだん問い詰めてるようになってしまうんだよ、という人もいます。

 

「あの仕事、今どんな感じ?」

「そうかぁ、何が上手くいっていないの?」

「そんなやり方じゃ、そりゃ上手くかないよ」

 

といった感じで、原因追及してやり方に口をはさみたくなってしまい、会話も弾まなくなるなんていうこともあります。

 

どうしてそうなってしまうのか?

 

問いかけの目的が、「(私の)情報収集」になっているからなんです。

「指導するためにも、部下の状況を知りたい」という気持ちが強くなると、問いかけが情報収集モードになってしまいます。

すると、過去のことを聞くことが多くなり、それに対してジャッジしたくなる気持ちが出てきてしまって、結果的に会話が問い詰め調になってしまいます。

これでは、会話も弾みませんよね。

 

じゃぁ、どう問いかけていけばいいか?3つのポイントです。

 

1.視野や発想を広げるための要素

 ①「はい/いいえ」では答えられない形の質問をする

 ②セリフの頭に5W2H(What、When、Who、Where、Why、How、How much)を入れる

 ただし、過去のことばかり聞き過ぎないことは注意です。

 

 「何で遅刻したんだ?」と尋ねると理由は出てきますが、対策は出てきません。

 「どうすれば遅刻せずに済む?」と尋ねると、対策は出てきます。

 

2.未来の要素、過去の要素を入れる

 ①未来の要素・・・これからのことを考える要素

 ②過去の要素・・・振返りをして、次につなげるための要素

 

 過去の要素ももちろん必要ですが、先に向けての行動を引き出すことを重視すると、未来の要素を入れていくことが重要です。

 

 「この作業が終わったとき、お客様にどんな報告をすると喜んでくれるかな?」

 「明日から、どんなことをしていけば仕事のスピードアップができるかな?」

 

3.前向きな事柄を考えるようにするために要素

 ポジティブな内容や望ましい結果などについて質問をして考えさせることです。

 

 「どうなるといい?」

 「どうすればうまくいくかな?」

 といった肯定的な言葉を入れていくことです。

 

 「明日から、どんなことをしていけば、残業を減らして早く帰れるかな?」

 「お客様に喜んでもらうために、これから先、どうやって技術力を高めていけばいいだろうか

 

 

これら3つの要素を問いかけの中に入れ込んで質問をしていくことで、部下自身の考えを引き出すだけでなく、部下自身も整理出来、しかも前向きな姿勢になってくるキッカケにつなげていくことができます。

 

くれぐれも、この2つは忘れないでください。

 

1.問いかけは、「考えるきっかけ」であり、「情報収集」ではない。

2.「相手が会話の主役になる」ようにすること。

 

慣れないうちは、実際にどう問いかけるかのセリフを書き留めておくといいですよ。

 

新年度、どういうことをやっていくかを考える時期だからこそ、この問いかけは威力を発揮します。

部下を主役にしてたくさん問いかけてみてください。

(株)伴走社さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。