闘魂日記<by 伴走社>

研修の取組みを通じて、人が育つ職場とはどうあるべきかを考えます。そして、研修成果、自己革新の行動が継続し、成果に繋げる取組みを追求していきます。


テーマ:

とあるリーダー向けのプレゼン研修で、最初に自己紹介として、今日の研修への期待を話してもらいました。すると、皆さん口々に、

 

「中々人前で話すことがないので、今日は話し方を勉強したいです」

「口下手なので、人に分かりやすく伝えられるようになりたいです」

 

とお話いただきました。

 

15名のメンバーの自己紹介が終わると、後で聞いていた人事部長が手をあげて立ち上がって言いました。

 

「皆さん、今回のプレゼン研修では話し方を勉強してほしいんじゃないんだ。リーダーとして、周りの人を巻き込むにはどうしたらいいかを考えて欲しいんだ。そこをしっかりと考えて取り組んでほしい。」

 

と改めて期待を話されました。

 

皆さんの反応は、「???」といった感じでした。

そこで、「今の部長のお話、どう感じましたか?」と聞いてみました。

 

すると、

 

「周りを巻き込むためにも、リーダーらしいプレゼンスキルを身につけることかと…」

「話し方ではなく、リーダーシップを発揮するにはどうすればいいか、ですかね…」

 

と皆さん自信無さげでした。(後ろの部長は苦笑いです)

 

そもそもプレゼンテーションって、どんな場面をイメージするか出してもらうと、

 

会議での月例報告

新製品の発表会

朝礼         等々。

 

では、そこで行うプレゼンテーションの目的は?

 

状況を報告する。

製品内容を伝える。

伝達事項を伝える。

 

要するに「自分の言いたいことを話す」ということ?

 

確かに、プレゼンテーションでは相手にいかに伝えるかが重要だ、と書かれている本が多いのも事実です。

 

でも、私たち仕事におけるプレゼンテーションで重要な目的は何か?

 

「自分の想いを伝え、相手の行動に変化を起こすこと」

 

つまり、話して終わりではなく、自分の想いの方向に相手の行動を変化させることがプレゼンテーションの重要な目的なんです。

逆に言うと、相手の行動に変化を起こせなかったら、そのプレゼンは失敗だったとも言えるわけです。

 

そうすると、皆さんの表情も「そういうことかぁ」と変わってきました。

人事部長の話の意図も伝わってきたようです。

 

しかも、その意図の方向に自分の行動に変化を起こしていこうと受講姿勢も積極的になってきました。

 

では、いいプレゼンテーションをするための3つの要素は何でしょうか?

 

皆さんも、少し考えてみてください。

続きは、次回です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

㈱伴走社さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。