女性が多い職場の 人と組織がうまくいくブログ

KAO Coaching Space”燃える集団”を作る専門家川添香が「成長する組織のうまくいく人間関係づくり」と「社員がついていきたくなるリーダーシップ」についてお伝えします。


テーマ:
先日のセドナメソッド体験会に引き続き、グループ解放セッションを行いました。

$社長!デキる社員を育てましょっ!-image.jpeg


感情の解放にこんなに力を入れているのには訳があります。

感情のブレを早く戻し、適切な判断と行動をするのに効果があるからなんです。


怒りや不安でいっぱいの時に下した判断で失敗した経験はありませんか?
恐れや心配から起こした行動がその後に悪影響を及ぼしたという経験はありませんか?


感情が上り詰めた状態では適切な判断と行動は起こせません。
後で後悔する羽目になりやすいのです。

セドナメソッドはそうした感情の引き起こす「悪さ」を防いでくれます。


経営は判断と決断の連続ですね。

非常なプレッシャーのかかる仕事です。


そのために人並みはずれた鍛錬を積むことになりますが、人ですから、感情のブレはどうしたって起こりますよね。


それが長引いたらどうでしょう。y

セドナメソッドはそのブレの戻りを早くしてくれ、適切な判断を下せる状態にしてくれるのです。



実は私も先日、感情が揺れる出来事がありました。

感情の行き違いで、おつきあいが疎遠になってしまった知人に、あるところでばったり出会ったのです。

後ろ姿を見つけた瞬間、その時のイヤな感情がもどってきて、そのまま気づかれずに場を離れたくなりました。

以前の私だったら確実にそうしていたことでしょう。

(向こうが折れない限り、口なんか聞いてやるものか)

心の何処かにそんな思いがあるのに気づき、感情の解放をはじめました。

自然に、(あ、関係修復のチャンスかもしれない)と考えが変わりました。


さらに解放を続けて、気持ちがスッキリしたところであいさつに行ったのです。
そして、本当に気持ちよく話ができ、ずっとあった胸のシコリがスっとなくなりました。

この経験は私にとってとても大きいです。
気持ちが揺れる相手に対して、ニュートラルに接することができたのですから!


感情にとらわれ、振り回されるのではなく、感情を自覚して受け入れて、コントロールしていくのもリーダーとしての仕事ですね。



11月9日のグループ解放の感想をいくつかご紹介します。

◆パウジェン山中もとみさん 会社員
・成し遂げたい目標があるのですが、壁にぶつかりどうしても突破できないことが悩みです。
・楽しみながら体験できました。そして、最初から大きいところの解放は難しいなと思っていましたが、小さなことから解放を初めて自由になればいいのだと気づきました。


◆千田昌明さん 自営業
・自己の経済的な事情に直面した際に感情が大きく揺れ動いてしまうことが悩みでした。
・セドナメソッドでどこかへ到達するのではなく、「今の本当の完全な自分を思い出す」ということに気づくことができました。今まで最も疑問に思っていたことが解決できて、本当によかったです。


◆金子朋之さん サービス業j
・今の日本について悩んでいました。
・今までも自分で実践していましたが、安藤さんに誘導していただいてより深く体験することができました。幸せな時間を過ごすことができました。


◆Y.Kさん 男性 会社員
・将来の不安を感じ、参加を決めました。
・グループ解放では参加者の質問や安藤さんの解説を聞くことで、今までわからなかったことへの理解が進みました。


◆T.Yさん 男性 40代
・仕事や人間関係に悩んでおり参加を決めました。
・グループ解放では、参加者の体験を聞く機会があり、そのことで自分の中で気づくこともたくさんありました。また、自らもシェアすることもでき有意義でした。

次回は下記日程です。

2011年1月22日(日)23日(月)・・・入門編・初級編 (二日とも同じ内容)
2011年1月29日(日)30日(月)・・・グループ解放 (二日とも同じ内容)

スケジュール帳にメモしてくださいね。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

燃える集団作り専門家 川添香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります