アメリカ中間選挙~遅すぎたイラク政策への不信任 | ワシントン通信 3.0~地方公務員から転身した国際公務員のblog
2006年11月08日(水)

アメリカ中間選挙~遅すぎたイラク政策への不信任

テーマ:ワシントン通信

 昨日投票が行われたアメリカの中間選挙、ブッシュ政権のイラク政策が最大の争点と言われていましたが、結果は民主党の圧勝でした。最新の情報では、大接戦のため勝敗の発表が唯一遅れていたバージニア州でも、民主党が上院の議席を得たようです。これで、上下両院とも民主党が過半数を占めたことになります。この選挙結果を受けて、今日、イラク戦争の最高責任者とも言われたラムズフェルド国防長官が辞任。アメリカの対イラク政策は、大幅な軌道修正を余儀なくさせられることでしょう。

 僕に言わせれば、アメリカ国民はもっと早くイラク問題の重大さに気づくべきでした。全く遅すぎますよ。2年前の大統領選挙ではイラク問題が争点になりきれず、同性同士の結婚妊娠中絶などという問題がより重要な争点になっていましたが、あれも理解に苦しみました。ハッキリ言って、昨日の選挙結果は2年遅いのです。

 ブッシュ大統領は今回の選挙前、イラク情勢が泥沼化する中でも、「我々はイラクで勝ち続けている。ラムズフェルドも、チェイニーも変えない。」と強気の姿勢を崩していませんでした。ところが今日は一転、ラムズフェルド長官の辞任を受け入れ、イラク政策に新たな視点を持ち込む必要性をほのめかしています。中間選挙での大敗が示した不信任で、ようやくイラク政策の間違いに気づいたのでしょうか。これは、民主主義が政策の変換に寄与しうるという事実を表している反面、僕には「なぜ選挙で負けなければ政策を変えられないのか」という民主主義の限界を露呈したとも思えるのです。勇気あるリーダーなら、真摯に現状を分析し、選挙に関係なく、もっと早く自らの政策の間違いを修正するべきでした。と、もうイラク問題の軌道修正が決まったようなことを書いていますが、まだそこまで決まってません。議会で多数派を占めた民主党が、どういう攻勢に出てくるのか、注目したいと思います。

 ブッシュ政権のイラク政策を盲目的に支持し続けた小泉ブレアハワードは、この選挙結果をどう受け止めたんでしょうか。

Keichoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス