軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報

軽自動車キャンピングカーの中身ってどんな感じ?
お金はいくら必要なの?・・・etc
軽キャンピングカー専門店“軽キャンパー.com”が
小ネタ大ネタ問わず詳しく書き綴ります。


テーマ:

ご訪問ありがとうございます。



小学館のアウトドアマガジン「BE-PAL (ビーパル)」の最新号、

2017年5月号絶賛発売中です♪




★小学館★
★BE-PAL (ビーパル)★
★2017年5月号★


小学館 BE-PAL 2017年5月号
※巻頭100ページ!ぶちぬき大特集「わがままキャンプを楽しもう!」

小学館 BE-PAL 2017年5月号 contents1
※コンテンツ.1

小学館 BE-PAL 2017年5月号 contents2
※コンテンツ.2

価格(税込)700円
発売日2017年4月10日(月)

 書店の棚で平積みされている姿を見かけた瞬間に違和感が…。いつもは付録が挟まりつつバランス悪く乗っかっているのに、今月号は製本の仕様が変わって整然と積み上げられています。縦置きにも対応できるようでしょうか、これまで存在しなかった背に、ロゴと特集のタイトルが印刷されています。今月号だけの措置かもしれませんが、平積みの時の一目でそれと判別できる存在感がなくなるのは、何となく寂しい気がします。

 さて、そんなことはどうでもよいので早速内容を。特集は、巻頭100ページをぶちぬいて掲載されている「わがままキャンプを楽しもう!」です。特集前半では、12組にのぼるベテランファミリー+フレンドの皆さんが、それぞれの充実したキャンプぶりを惜しげもなく披露してくれています。テント内レイアウトや実際使っているキッチンアイテムの数々の紹介にはじまり、こだわりのDIY技、ここまでハマってしまった経緯などのこぼれ話などなど…、すべてが興味深く参考になる話ばかりです。また、後半の「ほんとうに気持ちいいキャンプ場100 2017年決定版」では、そのタイトル通り100カ所のキャンプ場を、「キャンプビギナーにやさしい」、「設備充実でクリーン」、「大自然の絶景がすごい」などの10カテゴリーに分けて詳しく紹介しています。所在地や連絡先はもちろんのこと、設備のアイコン表示、モデル料金、そしてお勧めの楽しみ方などを綴った説明文が、複数の画像とともにまとめられている、この部分だけで一冊のガイドブックとして通用するほどの濃い内容になっています。

 その他、「井ノ原快彦の野外日曜大工店(gear.5 ワラーチ)」や、「サラリーマン転覆隊(パタゴニアサンタクルス川 風地獄≪後編≫)」などの連載企画も絶好調!今月号も、知りたい情報満載の、買って得する一冊に仕上がっています。

↓コチラで手に入ります。





↓軽キャンドリームミニの最新情報はコチラ
$軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-軽キャンパー.comのホームページへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

軽キャンパー@ドリームミニさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>