軽キャンパーに非常電源 | 軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報

軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報

軽自動車キャンピングカーの中身ってどんな感じ?
お金はいくら必要なの?・・・etc
軽キャンピングカー専門店“軽キャンパー.com”が
小ネタ大ネタ問わず詳しく書き綴ります。

ご訪問ありがとうございます。



昨日・一昨日と発電機のお話でしたので、

本日も非常用電源のご案内をします。

非常用電源とはいえ

発電機ではなく蓄電池ですが、

バッテリー上がりなどの緊急時に活躍します。



Power・Pack パワーパック PP-121


軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-パワーパック

サイズ(mm)H370xW330xH120
重量10kg
内臓バッテリー21Ah完全密閉型
価格18,165円 ~(税込)

本体には12Vシガーソケットとブースターケーブルを装備、
インバーター等は外付けのシンプルな機能で、
使い方のバリエーションが広がるとか。
家庭用のコンセントで簡単に充電ができます。
非常用に高輝度LEDライトも付いています。

↓コチラで手に入ります。
アマゾンロゴ


パワーコンボ PG-421SP


軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-パワーコンボ

サイズ(mm)H298xW285xH183
重量9.5kg
内臓バッテリー21Ah完全密閉型
価格22,680円 ~(税込)

12Vシガーソケットにブースターケーブル附属。
さらに、AC/DCインバーター(100V出力)と
USBパワーポート、高輝度LEDライトも装備。
極めつけはエアーコンプレッサーまでも装備されています。
こちらも家庭用のコンセントで簡単に充電ができます。

↓コチラで手に入ります。
アマゾンロゴ


↓動画があったので貼っておきますね


双方共に内部はメンテ不要のディープサイクルバッテリーでクリーン&イージー。

寿命が長い上にパワーコンボ PG-421SPの方は、

内部バッテリーの交換も請け負ってくれるそうです。

ただ、

双方ともに大きな電力で動く家電や、

安定した電力供給を必要とする精密機器には不向きかもしれませんが…

しかししかし、

車のバッテリーあがり時や、
※排気量の大きな車は難しいと思います

携帯電話やPCの充電など、

緊急時に大活躍するのは間違いありません。

軽キャンパー@ドリームミニさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります