軽キャンパーに発電機 | 軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報

軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報

軽自動車キャンピングカーの中身ってどんな感じ?
お金はいくら必要なの?・・・etc
軽キャンピングカー専門店“軽キャンパー.com”が
小ネタ大ネタ問わず詳しく書き綴ります。

ご訪問ありがとうございます。



“軽キャンパー”“発電機”を積もうとなると、

まずはコンパクトなものでないと無理ですね。

とは言えその騒音と振動で車内使用は難しく、

現地に着いたら外に出して使用するしかないんですが。

以前ハイエースのキャンパーの車内に、

自作の“発電機”のスペース(防音対策なし)が付いている物がありましたが、

あれはかなり無理がありました・・・



コンパクトな“発電機”というと、

“ヤマハ製”“ホンダ製”が有名ですが、

昨年暮れに防音ボックスも発売されたことですし、

本日は“ホンダ”さんの“発電機”をご案内します。



軽キャンパーに積み込むとなると、

“EU9i”“EU16i”というコンパクトなモデルが良いでしょう。

★ホンダ発電機EU9i 重さ13kg★


軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-ホンダEU9i軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-EU9i_size



★ホンダ発電機EU16i 重さ20.7kg★


軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-ホンダEU16i軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-EU16i_size



“EU9i”の方がかなりコンパクトですが、

発電量的に頼りないので“EU16i”をおすすめしたいですね。

とはいえ“EU9i”でも電子レンジ一台位なら問題なく使えるようです。



おみそれしました。ごめんなさい・・・



そして前述しました防音ボックスの画像も有りましたので貼っておきます。



み・・・短い。

ちょっとわかり辛いですね。

もっといい動画を探してみます。



ところで、

“発電機”自体は大変便利な商品なんですが、

これが結構高額なんです。

“EU9i = 134,400円(税込)”
“EU16i = 207,900円(税込)”
うーん・・・

“防音ボックス = 99,750円(税込)”
うっ、う~~~ん・・・

以前ほぼ新品の“EU16i”をヤフオクで10万円で落札したことがあるので、

先ほどちょっとのぞいてみましたら、

やはり10万円前後の入札が入っていますね。

まあ、

最低落札価格に届いていないのでどこまで伸びるかわかりませんが。



少々値が張るとはいえ、

災害時の緊急電源用等にも活躍しますので、

備えておくのは良いと思います。

ご関心のあるお方はホンダのHPへどうぞ。
 ↓↓↓↓↓
$軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-ホンダロゴ

↓コチラで手に入ります。(EU9i)
アマゾンロゴ

↓コチラで手に入ります。(EU16i)
アマゾンロゴ

軽キャンパー@ドリームミニさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります