キャンパー用冷蔵庫修理 | 軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報

軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報

軽自動車キャンピングカーの中身ってどんな感じ?
お金はいくら必要なの?・・・etc
軽キャンピングカー専門店“軽キャンパー.com”が
小ネタ大ネタ問わず詳しく書き綴ります。


テーマ:

ご訪問ありがとうございます。



キャンピングカーに設置する冷蔵庫に、

“3WAY冷蔵庫”というものがあります。

3WAYとは3種類の熱源、

“DC12V”“AC100V”“プロパンガス”

のことです。

遊びに出かける前夜に、

“AC100V”の家庭用電源で冷やしておいて、

運転中は“DC12V”で保冷して、

目的地に着いたら“プロパンガス”で冷やす。

このような流れが一般的な使い方です。



仕組みをザックリと説明すると、

本体背後に設置してあるくねくね曲がった長い管に入っている、

冷媒である“アンモニア”を、

“3WAY”いずれかの方法で温めて気化させて、

長い管の中で循環・減圧させることにより庫内を冷やします。

※本当にザックリな説明でスミマセン。



とても便利な“冷蔵庫”なのですが、

実は結構気難し屋さんで故障しやすく、

個体によって違いますが、

寿命も約8~10年と高価な割には短命です。



ところで、

弊社ではお客様から“キャンピングカー”

下取りさせていただくことがあるのですが、

その中には年季の入った“キャンピングカー”が多く、

当然そこに設置されている“3WAY冷蔵庫”も、

車と同じ年数使用されてきた物がほとんどです。



ある日のこと、

下取り車に設置されていた“3WAY冷蔵庫”を、

復活させようと頑張っていました。

※新品に変えたら販売値段に上乗せせざるを得なくなりますので。


まずは、

“プロパンガス”を燃焼させる部分の吹き出し口の掃除をします。

かなり細い吹き出し口なのですが、

ココが詰まって冷媒が暖まらなくなり、

結果循環せずに“冷蔵庫”が冷えないことが多いからです。



・・・直らずですか。

そんなに甘くはないですね。

お次は、

本体背後に設置されている冷媒入りの管を修理します。

この中で“アンモニアの冷媒”が固着・滞留して、

循環していないことが多いからです。

まずは冷蔵庫本体を車から取り外し、

逆さにして一晩おいておきます。



これだけで循環しだすこともあるようなのですが、

まだ駄目のようですね・・・。

それでは管の湾曲部などを中心に、

叩いて振動を与えて、

滞留しているであろう“アンモニア冷媒”の循環を正常に戻しましょう。



おっ。

ほんのり冷えてきましたね。

それでは最後の仕上げに、

管の一部に巻かれている断熱材を新品に交換してみましょう。

古い断熱材のカバーを開いてみると、

やはりカラカラ・すかすかになっています。



おおっ!結構冷えてきました。

これはもうちょっと頑張って、

熱逃がし用のファンなどをつければ復活するに違いない。

と、思ったそのすぐ後に、

見学にいらしたお客様が、

「冷蔵庫調子悪いならいらないからその分値段安くしてよ。」

とおっしゃりまして、

喜んでその“割引冷蔵庫なしキャンピングカー”をご購入されていきました。

“どんまい!!自分”





↓修理のご相談も承ります。軽キャンパー.com
軽キャンパーのホームページ









軽キャンパー@ドリームミニさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります