軽キャンパーのFRPボディ | 軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報

軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報

軽自動車キャンピングカーの中身ってどんな感じ?
お金はいくら必要なの?・・・etc
軽キャンピングカー専門店“軽キャンパー.com”が
小ネタ大ネタ問わず詳しく書き綴ります。


テーマ:

ご訪問ありがとうございます。



“軽キャンパー”特にキャブコンのボディは、

最近は“軽量アルミボディ”の物が増えてきてるように思います。

“FRP”は扱いづらいからでしょうか?

ガラス繊維を樹脂で固めてつくる“FRP”ですが、

その樹脂は粘性が強く固まると洗い落とすのが大変で、

解体する際に出るガラスの粉は、

吸い込んだりすると危険です。



とはいえ、

粘土のように思う通りに形作ることが出来る素材ですので、

特に流線型を意識したボディ形状にはかかせなく、

ボディ素材の主流であることは間違いありません。



この“FRP素材”

扱いづらいという上記の理由ゆえか、

破損の際鈑金屋さんに修理に出すと“結構お金がかかります”

よし、じゃあ自分で何とかしようと、

補修キットを買ってきてトライしてみると、

$軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-FRP補修キット
※補修キット。もっと安く済ませたい場合は材料をバラで購入しましょう

やはり上手く直すにはかなりの経験が必要です。



まず、

割れたり穴があいたりした所をむしって、

新たにくっつけるガラス繊維がよく噛み合うようにします。

そして硬化剤を混ぜ合わせた樹脂で、

ボディ面の裏から表からガラス繊維をベタベタッと貼りつけます。

この“樹脂+硬化剤の混合の分量も重要ポイント”で、

多過ぎると固まった時割れやすくなり、

少なすぎると全然固まりません。

気温などによっても変化するので慎重に混合しましょう。



穴や亀裂がふさげたら、

凸凹の面をパテ埋めします。

深い凸凹は厚め用パテで、

浅い凸凹はうすめ用パテで塗り固めます。

時間が経ちすべて固まったら、

ヤスリがけをして表面を滑らかにします。



これで一通り形は直るのですが、

最後に最大の難関“塗装”があります。

“キャンピングカーの塗装色はオリジナルの物が多く”

当然○ートバックスなどには置いてありません。

調合するとなるとプロでも難しいんじゃないでしょうか?

製作メーカーさんが分けてくれるのが一番いいのでしょうが、

そのようなサービスはあまり聞いたことが無いです。

なんとか頑張って似た色を作って、

バンパーならバンパーを取り外してその全体を、

ドアならそのドア全体を塗装しましょう。

最後は気合ですね。



補修作業全体を通じて注意する点は、

ベッタベタでくっつくと取り除くのが大変で、

“毒性もある樹脂を扱うために必ず手袋をすること”と、

固まったガラス繊維が、

上に盛ったパテから飛び出ない様にすることですね。

なにせガラスの破片が飛びで出ているのと同じですから、

知らずに触るとけがをします。



非常に大変な作業ですが、

“安く済む&やりがいのある補修”ですので、

お好きな方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか?





↓軽キャン修理もお任せあれ!軽キャンパー.com HP
軽キャンパーのホームページ





軽キャンパー@ドリームミニさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります