有馬記念 穴推奨とその他狙い馬短評 | 腹八分目予想 -競馬好き!!-
新型コロナウイルスに関する情報について

腹八分目予想 -競馬好き!!-

予想 むしろ 見解

有馬記念の続きです。


今回は有馬記念らしく簡単にですが、短評を書きたいと思います。

ここに書く馬は紐に必ず入れるでしょうし、逆にここに書かない馬は1円も買わないと思います。


スワーヴリチャード
右回りが懸念されてか、JC馬が人気を落としています。確かに中山で結果は出していませんが、馬券圏内まで少差の敗戦ですし、ラチを頼れるこの枠であれば消すことはできません。


エタリオウ
戦績を見ると2015年に2着したサウンズオブアースにそっくりなんですよね。善戦キャラは勿論、当時同じ4歳でそれまで辿ってきた臨戦過程も。
また、このコースに強いステゴ産駒であること、一発ある鞍上からも消すことはできません。


フィエールマン
ここに掲載する中ではどちらかと言えば軽視気味です。度外視してよい前走の凱旋門賞の大敗も、やはり馬の精神状態含め海外帰りは心配。内枠引けたことと仕事人池添Jってこで消せなくなりました。


リスグラシュー 
宝塚記念で千切った脚は本物ですし、メンバーレベルは微妙も、中山よりトリッキーで直線が短いコックスプレートをひと捲りで快勝しました。

参考までにコース図を

確かにこのコースを勝ったと思うと中山は全く問題無さそうです。秋2戦目で引退レースですから文句無くメイチの仕上げでしょうね。


サートゥルナーリア
前走、天皇賞秋では案外で、敗因は底力が求められる展開で脆さが出たと見ていますが、左回りもしくは直線の長い東京が合わない可能性もあります。
それらを除けば文句無いレースですし、ホープフルS、皐月賞を見ても中山は合うはずですし、何せ、この馬齢が変わる手前のこの時期に2キロ差はかなりのアドバンテージで、有馬記念で3歳馬が強いのはそれも大きな理由の一つで間違い無く消す理由がありません。


キセキ
今年も大阪杯、宝塚記念と2着しており、実力は健在。凱旋門賞挑戦せずに天皇賞もしくはJCに参戦していたら好走していた可能性が高く、それなのに何故か人気を落としています。
後続に脚を使わせつつ、自身も残る競馬ができる馬で、やや外寄りの枠に入ってしまったところが残念ですが、底力が問われる展開になりそうな今年の有馬で抑えは必要とみます。


ヴェロックス
先に記載したとおり、まず3歳馬は有利です。前走の菊花賞は期待を裏切るも距離が長かったという陣営談もあります。
少なくともこの世代でトップクラスの実力があるのは間違いなく、この距離であればワールドプレミアを逆転する可能性は充分にも関わらず、オッズではかなりの開きがあります。圏内に入ってこられても不思議はないとみます。


冒頭に書いたとおり、ここに記載無い馬は買いません。

ワールドプレミアの取捨は悩みましたが、菊花賞は武Jのこれぞ京都の乗り方の手本というような好騎乗に導かれてのもので、そもそも今日の自己条件で馬券圏外になってしまった牝馬のメロディーレーンが5着に入るレベルのレースであることから、人気とのバランスが取れていないので消しです。
その低レベルの菊花賞でヴェロックスは買うのは、敗因が距離の可能性と人気が無いことから抑える価値はあるということです。


最後に上記に挙げたなかで、オッズ妙味込みで穴推奨とするのはこの馬です。


穴推奨馬⇒