有馬記念 | 腹八分目予想 -競馬好き!!-
新型コロナウイルスに関する情報について

腹八分目予想 -競馬好き!!-

予想 むしろ 見解


有馬記念ですね。


まだ来週、最終開催日としてホープフルSがありますが、1年のサイクルとしては締め括りであり、お祭りのグランプリレースになります。


近年は使い分けやら、疲労が抜けないなどの理由で、ファン投票上位馬も平気でスキップしたり、フルゲート割れすることもありましたが、今年はグランプリに相応しいメンバーが揃いました。


特に本来であれば、香港カップに出走し、ここにいるはずの無かった現役NO.1の実力馬アーモンドアイが、熱発も問題無いとのことで急遽参戦することになり、俄然注目が増しました。


競馬をやっていると1年があっという間ですし、収支としては満足行く結果を得ることが出来なかったとしても、有馬記念を当てれば何となく気持ちよく年が越せそうな気がしますよね(笑)


それでは早速予想したいと思います。


まずどういうペースで流れ、どういう隊列展開で進むかですが、逃げたいアエロリットが外枠に入ってしまいましたが、ここは主張するでしょう。


内からはスティッフェリオ、外目からキセキが続く隊列からもスローペースは考えづらく、流石に前がやり合わないまでもそれなりのペースで流れるでしょう。


とすると、ヨーイドンの上がりの瞬発力が問われるような展開よりも、スタミナや勝負根性が問われ、またコースもロス無く進められた馬が上位に来ると予想します。


ということでここはこの馬で仕方ないでしょう。


◎→アーモンドアイ


正直、説明不要かなと思います(笑)

単純な能力だけで考えたら、この馬が一番強いのは皆さん分かっているはずで、問題は熱発の影響と、初の中山コースでしょうか。


元々はフィエールマンの騎乗が決まっていたルメールJをオーナーサイドで調整してまで、出走を熱望していた陣営ですが、状態が悪ければそこまでしないでしょうし、追い切りも一週前で南Wでラスト11.8と素軽い動きを見せ、最終追い切りも霧で計測不能も併せた相手を軽く突き放して状態は文句無いとみます。


2500mという距離は本質的には長いと思われますが、6回のコーナーを回るコースですから、東京2400を走れるスタミナがあれば、スタミナ不足ということにはならないでしょうし、中枠のスタートですから、無理なく好位をキープでき、大外を回す展開や、前が詰まるリスクも少ないと考えると、力は充分に発揮できるとみます。


力を発揮できるのであれば、疑いの余地はなく、不動の本命として◎推奨いたします。


                

いつもありがとうございます。