サクラ軍団 | 馬師のブログ
2007-12-16 14:13:22

サクラ軍団

テーマ:ブログ

 サクラといえば牡馬。そして、「サクラ○○○オー」という名の馬。ひと昔前なら、みんなきっとそのイメージではないですか?
最近は、この「サクラ○○○オー」というフレーズが無くなりましたね。それからか、どうもサクラ軍団から強いサラブレットが滅多に出てこなくなってきたような気がするんですよね。もっとも、更に昔には、「サクラショウリ」といった「○○○オー」の名ではないダービー馬もいたが・・・最近なら、皐月賞・朝日杯共に僅差2着だった「サクラプレジデント」でちょっと息を吹き返した感があるが・・・命名でその競走馬の成績が上がるとは思わないが、もう一度、勢いがあった時代の名前のつけ方をしてみたらどうだろうか。
 比較的、父内国産馬を走らせていたサクラ軍団も、今や、輸入種牡馬との配合が主体となってきた。ひと昔は、サクラ軍団に長き間リーディングサイアーだった「ノーザンテースト」産駒なんてイメージなかった。現在は、あの不動のリーディングサイアー「サンデーサイレンス」産駒まで出てくる。「サクラプレジデント」もそうだ。まだ、母系がサクラゆかりの血統だから、サクラ魂はあるだろう。ただ、サラブレット社会は父系がクローズアップされるから、「サクラプレジデント」の父がサクラチトセオーだったり、もっとサクラ軍団の血を濃くするなら、サクラユタカオーの後継種牡馬のだれか、それも「サクラ○○○オー」の名の付く後継種牡馬(現存するか?エアジハードでもいいんだけど・・・)ならいいですね。
とにかく、サクラ軍団のオーナー様、是非もう一度、命名の検討をお願いしたい。加えて、サクラ軍団独自の父系サイアーラインを少しは残して欲しいと願うばかりである。サクラショウリ~サクラスターオーに続くラインがあったら、現在、後継者が存在していたかも知れない。サクラスターオーのあの悲劇の有馬記念さえなければ・・・独自サイアーラインが息を吹き返してくれれば、もっと私のようなファンが応援するのではないかな!?
 実は、昨日うれしいことに阪神で3連単的中!!入会している
情報会社 から入手したデータからGET!またまた情報料を馬券で回収しちゃいました(笑)。ある意味、これも資産運用のひとつかな!?
 今日のGⅢフェアリーSに出走する「メジロアリス」。彼女の母系の祖母にあたる「メジロリベーラ」と聞いてピンとくる方、いるでしょうね。
そう、父母共に3歳3冠馬、合わせてGⅠが10勝をあげた両親を持つ「メジロリベーラ」。父シンボリルドルフ、母メジロラモーヌから生まれた彼女だが、競走馬としては1戦未勝利で繁殖入りしてしまった。この重厚な血が流れる「メジロアリス」にちょっと注目だ。馬券的にも穴人気でしょうから妙味ありますね。でも、父がアドマイヤコジーンというのは、私の大ファンの「メジロ軍団」出身の種牡馬には、メジロリベーラに合う血統がないのかな?ファンとしては、父に「メジロ○○○」とあって欲しいなぁ~。

サラブレット紀行~馬券勝負からロマン・ドラマまでを満喫しよう~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス