競馬で勝つために絶対に必要な技術『至高の資金管理技術』★
 
 
 
前開催2週間ほど不調になったが『至高の資金管理技術』できっちり耐えて持ち直した。
 
3週前なんかは個人的に馬券が10連敗という泥沼にはまって絶不調のどん底。
実際に回収率がやばいことになっている↓
image
現状馬券的中率は30%なので馬券がはずれる確率は70%
 
10連敗の確率は
 
0.7×0.7×0.7×0.7×0.7×0.7×0.7×0.7×0.7×0.7=0.28
 
約3%の可能性で起きる事象ということになる。まあ単純ではあるが30日に1回くらいはあること。
 
なので不調というのは誰でも起きるただの確率の問題。
競馬ファンは不調を予想が悪いと勘違いしている方が多すぎです。
 
こんなものは科学的に簡単に買い目できる話なので気にする必要はない。
 
それなのに競馬ファンは予想スタイルを崩したり、予想の精度を上げようとわけのわからないことをしようとします。
 
もう何十回でも何百回でも言います!!競馬というのは予想の精度を上げるものでもないし的中を競うものでもないです。
 
他人と違うマイノリティ指向であることを競うだけのゲームです。
 
スピード指数がなぜ勝てないのかご存じですか?
 
多分わからないですよね?それはスピード指数が馬の能力比較になっているからです。
 
これも何回も言います、予想の精度や馬の力の優劣をつけるのがうまい人は競馬ではまず勝てません。
 
予想というか馬の序列をしっかりできてきっちり馬券を的中できる人もまず勝てません。
 
予想の精度上げてしまっている時点で負け確定です。
 
強い馬というのは人気になり、オッズの壁、控除率との戦いになるからです。
 
更に強い馬というのは控除率に過剰人気分の本来かからないはずの過剰控除率が上乗せになっているようなものなのです。
 
スピード指数が勝てない理由は馬の力評価になっているからです。
 
つまり
 
誰もがやっている強い馬比べというのは同じ土壌で限りのあるパイを奪うハードモードなのです。
 
ただでさえ予想の精度を上げるということが間違っているにもかかわらず。不調期にさらに予想の精度を上げようとするのが競馬ファン
 
不調期というのは確率の問題で誰にでも起こることなのだから、予想の精度を上げるのではなく、どう乗り越えるかが重要です。
 
そこで考えたのが私の独自理論の『至高の資金管理技術』
 
実際に高い収支を支えている私の主軸。
 
ここができていないと予想を頑張ってもまるで意味がないといっていい。
 
逆にここがしっかりできていると多少予想が下手くそでも十分カバーができる。
 
皆で同じことをやるよりも皆ができていないことをやる方がはるかに楽です。
 
結構衝撃的な話もしています。
 
また、馬券で負けていて我慢できないときの対処の仕方も書いてあります。
 
 
 
2021年上半期回収率
 
何とか高い水準を保ち下半期に突入。
 
個人的には現段階でキャリアハイ。
 
今年の回収率がここまで上がった最大の理由はレース数を絞りに絞っていることと、『至高の資金管理技術』を徹底していること。
 
回収率を公開することによって、いつも以上に負けてはいけないという意識が強く働き
 
極限に無駄を排除している
 
回収率が低い方は予想が悪いのもあるかもしれないが、圧倒的に無駄が多いです。
 
実際に分かりやすく『至高の資金管理技術』のnoteで具現化させてみました。
 
予想の精度を上げるよりも簡単で、予想の精度を上げるよりも回収率が上がるのが『至高の資金管理技術』
 
まずは資金管理と自分のコントロールから始めないと回収率100%は無理です。
 
あと、最近note,REQUに記し始めた『特性メモ』をPCに書き溜めしていて、走らないタイミングをポイントで見抜けるようになってきたことが大きいとかもしれない。
 
例えば昨日のパラダイスS ノーワン
 
現地で見ていたのだが、パドックをみれない私ですらわかるくらい元気がなく沈んだ感じでパドックを周回していた。
 
ここで私のストックしている特性メモに
 
『暑い時期がダメなのかもしれない、パドック注意』
 
というストックが増える。
 
誰もが見逃したり忘れてしまうこと、気づいたことを片っ端からPCに打ち込んでいる。
 
こういったメモが生きて回収率に貢献している可能性が高い。 
 
こんな感じで常にトライアンドエラーを繰り返して変わり続けることが結果になっていると思っています。
 
いつまでも週末に新聞読んでなんて変わらないスタイルでは強者の養分になってしまいます。
 
負けたくないなら変わり続けないとダメだし、学び続けないとダメだと思います。
 
ポジショントークになってしまうのだが学びにはとにかくお金をかけたほうがいい。
 
本を買うなりオンラインサロンに入るなり学習記事を買うなり常に自身をアップグレードし続けたほうがい。
 
自身に投資したものは必ずそれ以上の財産になって返ってきます。
 
私も常に勉強はしていて本にはかなりお金をかけています。
 
具体的にいうと毎月3万円以上は書籍にお金をかけています。
 
そのほとんどが自己啓発書だったり、ビジネス書で、競馬とは関係ないものなのだが、そこには競馬の本以上に競馬について役立つことがある。
 
もう私は競馬の本で学ぶことというのはほとんどないので競馬の本というには買わないのだが、自己啓発書やビジネス書にはなぜか競馬に役立つスキルというものがある。
 
競馬ファンというのは目の前の馬券が当たったはずれたに執着しているのだが、そんなことは割とどうでもよくて、そこから何か学べることはないか?的中者がどういった考えを持っているのか?スキルを盗んでやるというスキルが足りていないです。
 
この記事をみている人は目の前に競馬で勝っている人がいるにもかかわらず傍観している人がほとんどです。
 
目の前に競馬で勝つヒントが転がっているのにですよ?
 
何か盗んでやろうという意識よりもただ馬券が的中したはずれたで終わっている方がほとんどです。
 
ここが伸びる人とずっと変わらない人の差ではないかと思っています。
 
私はフォロワーに追われる立場でもあるので、常に学んでフォロワー以上のレベルの発信をしなくてはなりません。
 
上半期もフォロワーに追い付かれないように精進していきます。
 
 
 
 
 
 
先週の報告と他人の予想に乗るより自分が優れることはコスパがいいという話
 
 
今開催も終了して無事回収率119%で終了。
初週で負けてしまい3週しかないので厳しい戦いになり、2週目で巻き返し回収率104%、続く3週目土曜で負けてしまい完全に背水の陣も鮮やかに逆転。
このパターンがやたら多い気がする。
当たろうがはずれようがやることは毎週同じで淡々とこなすだけ。
分析は常に進化し続けても馬券は常に冷静に。
 
先週の土曜は負けてしまい申し訳なかったのですが、負けた後というのはやはり信用を失ってしまい、note,REQUの売り上げは決まって落ちる。
逆に連勝中は売り上げが伸びる。
この時自分が購入者側だったらどう考えるか。
 
まず的中率がおおよそ30%というのが見えてきているのだから
連敗中のほうが当たりくじを引ける可能性が高いという逆転の発想をする
30%の抽選にはずれている状況が続いているのだから当たりくじが残っている可能性が高くなる。
しかし競馬ファンというか、人というのは目の前の事象に強くひかれてしまうもの。
 
人の行く裏道に道あり花の山
多くのものが行き着く先というのは普通という結果が待ち受けている。
競馬も普通では95%の負け組に属してします。
 
逆転の発想というのは常に競合がない。逆転の発想を持ち続けないと収束地点は『普通』になる。
実はnote,REQUの買い方ひとつとっても普通な人と優秀な人では差が出てくるものなのです。
 
まあこれはあくまでもまる乗りタイプのひとに向けての考え方で、私だったら目の前に
 
テストの答え(回収率100%超)が落ちているのだから丸暗記をする
 
言ってしまえばここまで回収率ずっと100%を維持して、競馬の答えがあるのだからその人の考え方をすべて盗む方にシフトを切り替える。
まるのりから考えを盗む方に切り替えるということだ。
 
例えば昨日の函館記念。
買い方は
単勝 トーセンスーリヤ
ワイド トーセンスーリヤ バイオスパーク
トーセンスーリヤ アドマイヤジャスタ
 
の三点でした。
印は
◎トーセンスーリヤ
〇バイオスパーク
▲アドマイヤジャスタ
結果的に12番人気バイオスパークが激走でかなりのリターンとなったのだが、ほとんどの方が的中だけで終わってしまっている。
むしろ的中よりも12番人気のバイオスパークがどんな分析だったのか、それを振り返らなければいけないのだが、振りかえろうとしない。
 
未来の自分への投資ができていないのです。
馬券は的中しても自分のスキルというのは一切ブラッシュアップされていないのです。
レベル5の人がレベル5のまま来週の競馬に向かっている状態です。
 
これまで何年も競馬と向き合っていたはずなのに成長しない人というのはこれの繰り返しです。
 
おそらくこのブログを見ている大半の方が私より競馬歴は長いと思います。
 
でもレベル5です(笑)
 
note,REQUを購入してくれている方には感謝をしているのですが、その場の的中に執着するよりもそこから何かを学んだ方が未来の自分のためになりますよ。
適当に当たりくじを引くのを待ってnote,REQUを買って一喜一憂するよりはそこから何かを学んでほしいと自分は考えてます。
そもそも記事なんて買ったところで◎乗りしている方には1レースにしか影響力は及ぼさない。
その1レースよりも圧倒的に自分で考えて馬券を購入する回数のほうが多いのだから自分をブラッシュアップをした方がコスパはいい。
例えば函館記念のnote,REQUを購入して、ただまる乗りした方は瞬間的にはレベル20になったかもしれませんが、その他のレースはレベル5で戦わないといけないのです。
 
競馬をやっていくうえで、毎回記事を買ってレベル20で戦うよりも『テストの答え』を丸暗記して自分をブラッシュアップさせた方がコスパはいいですよという話です。
 
ちょっと商売的な話になってしまうのだが、本日出した『北海道スプリントレースタイム是正理論』
これも言ってしまえば自身のブラッシュアップにつながるもの。
函館、札幌のスプリントレースの常識を覆す理論になっている。
例えばここで1000円を投資してレベル5をレベル20にアップしてこれから北海道開催のスプリントレースを戦い続けるか、それともレベル5のままこれから何年も戦い続けるのではどちらが得かは火を見るよりも明らかだと思っている。
個人的には未来のためへの投資と考えてすすめているもので、機会損失とならないように早く伝えたいと思っている。
 
 
 
 
 
 

いきなり地方競馬ノースクイーンカップ

マーキュリーカップ

note

 

REQU

 
昨日のいきなり地方競馬OROターフ特別はスマッシュヒットが来た。
印は3点のみ
◎リンシャンカイホウ2着(3番人気)
〇コスモリョウゲツ
▲ツーエムマイスター1着(9番人気)
 

 

馬連5760円
 
個人的な回収率は1400%超
 
何回も言いますが競馬は3連単なんて見掛け倒しの高配当馬券なんてなくても勝てるし高回収率は叩けるのです。
 
3連単うん十万的中~という見掛け倒しの馬券に競馬ファンはつられやすいのだが、まずそのうん十万の出現率はどのくらいか?
 
3連単は確かに配当がいい。ただ、
 
見えやすいリターンの高配当に目がくらんで見えない的中率を犠牲にしていることに気づいていない方が多すぎです。
 
こういった目先のことに簡単につられてしまうのが競馬ファンです。
 
配当と的中率というのは反比例します。
 
ただし、控除率、マルチという本来買われてはいけない馬が必要以上に買われてしまう過剰人気馬が発生しやすい3連単というのは実はかなり不利な馬券なのです。
 
馬単なんかがわかりやすいでしょう。
 
人気馬からの流しでマルチで裏の馬からの馬券もセットで買うことありますよね?
 
あれはJRAの馬券を多く買わせようという策略で、競馬ファンが見事にはまっています。
 
長い目で見れば控除率もあるし馬連のほうが収支は上向きます。
 
なので馬単というのは『よーし馬鹿から搾り取るぞー』というJRAからのきれいなサインの出た馬券なのです。
 
これ気づいてます?
 
こんな馬券なので、何か特別なことがない限りはほぼ買わない馬券です。
 
地方交流みたいにオッズがどうにもならない単発勝負くらいしか馬単んて買わないです。
 
まさか馬単マルチなんて買っているレベル5の方なんていないですよね?
 
こういうところを雑にしている方はコンビニの袋代を節約したり、少しでも安いものを買おうとして時間と対価の見合わない距離のあるところで買い物をしたりする傾向があります。
 
要するに目に見えるものに執着するからです。
 
こういうところを雑にする方は一般人です。
 
つまりは95%の競馬負け組です。
 
もっと考えて日ごろから勉強しましょう。
 
自分をブラシュアップせずレベル5のまま競馬をするのいい加減にやめませんか?
 
予想した気になっているだけでサイコロを振っているのと変わりません。
 
サイコロを振って馬券を何年も馬券を買っているから負けから変われないのです。
 
競馬ファンは予想の前にもっとやることが沢山あるのに3連単と同じで目に見えるものにとびつきすぎです。
 
 
 
ノースクイーンカップ
 

◎人気ブログランキングへ(馬番)

 
◎は前走厳しいペースの消耗戦で結果が出ただけという可能性はある。
カメラワークの都合上よく見えないのだが、なぜか向こう正面に入ったところでポジションを落としていて、何かアクシデントがあったのか気がかりなところがあった。
いずれにしろちぐはぐな競馬になっていたのは間違いなく、ズブさも見せていたのであれがこの馬の能力ではないと思っている。
距離が若干不安ではある。

 

先週と狙いかたは同じなのだが、紐を削った。

正直1週延ばされて状態面もわからないので紐まで拾ってなんて無理だと思ったので1点突破でいきます。

 

 
 
 
 
新理論『北海道開催スプリントレース是正理論』
 
 
回収率100%超を維持し続ける上位5%の人間の95%の人間を超越する考え方の違い公開。
 
上級者、プロも歓迎の理論。
 
なぜ時計の遅い凡走馬が好走して、時計の速い馬が凡走してしまうのか?
 
函館2歳Sでは前走好タイムで楽勝だったポメランチェが凡走。
 
北海道開催で優秀な時計で走った馬が好走できない理由がはっきりわかります。
 

note

 

REQU

 

 

 
 

重賞予想はnoteにて

 

【自身の最高傑作だと自負している有馬記念の分析を見ていただきたい】

 

 

『アーモンドアイが相手だろうがリスグラシューが負けるわけがない!!』

 

とまで豪語して的中となった有馬記念note。

 

◆実は大したことはない、トラックマンやブロガーレベルでは解説できない皐月賞の加速ラップのカラクリ

 

◆変速スロ-のトリックレース、独自ファクター『ウルトラロングスパート理論』該当でロジャーバローズを物理的に捕まえられない日本ダービーのカラクリ

 

具体的に数字を使って物理的証左を証明、どこよりもハイレベルな至高の超分析有馬記念!!

 

 

ツイッター、突発的に推奨馬をアップします

インスタフォロー申請がやたら多いのだが、ツイッターのほうが発信多めなのでこちらの方をお勧めします

 

 

 

公式発表のない地方交流重賞のラップあります

 

 

 

 

インスタグラム始めました

 

フォローお願いします!!

↑クリック