Fuji-Q部 | 介護老人保健施設 けいあいの郷 西谷のブログ

介護老人保健施設 けいあいの郷 西谷のブログ

横浜市内にある老健けいあいの郷西谷から
利用者様のご様子や職員の状況などなどお伝えします!!!

 

何のことかと思われた方もいらっしゃるかもしれませんねあせる

 

漢字にすると『富士急部』

 

こんなサークルが西谷には密かにあります。(ホントに密かに)

 

簡単に説明すると、絶叫好きが富士急ハイランドで絶叫系を楽しむサークルです。

 

現在は相談課、介護課、リハビリテーション課で構成されています。

(ちっさくちっさく活動中)

 

 

 

絶叫系が苦手な方には理解できないかもしれませんが、

 

絶叫のメッカともいえる富士急ハイランドは、

 

私のような絶叫ラブドキドキな人には聖地のような場所なのです。

 

定期的に行かないとなんかムズムズします笑

 

 

 

 

 

 

 

このエントランスを見ただけで心なしかテンションアップアップアップアップ

 

ちなみに左端に見える後ろ姿は富士急部員の一人でもある相談員です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最大落下角度が121度というもちろんギネスにも載ってる高飛車。

 

これ、動きが滑らかで気持ちいいんです。スタートダッシュも最高キラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ド・ドドンパは発射1.56秒で時速180km

 

スタートが一番怖い。でも乗りたい。で、乗っちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや富士急の中では古株のアトラクションになってきたフジヤマ。

 

親友はこれでぎっくり腰になり、介助されながら帰宅したことがありますアセアセ

 

 

 

 

 

 

 

ええじゃないかも忘れてはいけません。

 

座席ごとぐるんぐるん回りながら、レールもえらいことになってるので、

 

とにかく回る。というか振り回される。

 

うまく表現できませんが、よくこんなの作ったなと毎回感心します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホラーな絶叫も欠かせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦慄迷宮はもはや説明は要らないかもですね。

 

お化け屋敷は怖い。でも入りたい。

 

ビビりなのに入っちゃうんですよね。

 

でも耐性がついてきたのか、前ほど怖いと思わなくなってきたような…。

 

 

 

 

 

こんな感じに、非日常を味わいに富士急ハイランドに出向くのが富士急部。

 

仕事に全く関係ないじゃないか!!

 

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、こういうとこでのストレス発散もさることながら、

 

仕事外での他部署間でのコミュニケーションもとっても大事だったりするのです。

 

と、最後にまとめてみましたが、いや、これはホントにそうなんです。

 

さ、明日も仕事がんばりまーーーーっす!!