今日も 梅雨の晴れ間 晴れ

 流しそうめん日和日本国旗

 

 2日めとなった流しそうめんイベント風鈴

 利用者さんたちは、そうめんを頬張りご満悦。ウインク

 

 ルンルン 自ずと会話もはずみます。音譜

 

カラオケ 子供の頃 色つきのそうめんを取り合いしたこと。 

カラオケ 暑い夏のお昼は、よくそうめんを食べていたこと。

カラオケ そうめん桶を家族で囲んだ賑やかな食事の光景。

    等々。

  

  そうめんを食べることで、夏の思い出が甦るみたい。うずまき

 昔話にも花が咲いていました。ひまわり

 

 さて、このドライバ-さんによる手作り流しそうめん台

  全体の仕組みはこんな感じ

                下差し

 細部に工夫がされており、作り手の気持ちが込められています。ドキドキ

 

 竹の節・・・そうめんが引っかからないように削り取るのですが、

       要所要所にわざと凹凸を残し、流れてくるそうめんの

       動きに変化がつくように計算されています。ビックリマーク

             下差し

左差し 竹のささくれも綺麗に除いてあります。キラキラ

安全性を重視OK

 

  

  

            上差し

  《落ちたそうめん 回収ざる》

  枠組みのサイズを計測し、ドライバ-さん自身が購入。

  まさにシンデレラフィット。拍手

 

  

 

   そして趣のある涼やかな音音符・・・竹筒の水路を伝って流れてくる音

   まるで川のせせらぎのようです。アセアセ

 

  利用者さんにとって 

  【より良い流しそうめん台を作るにはどうしたらいいのだろうか?】

  寝ても覚めても頭から離れないと言っていたドライバ-さん。

  その熱い思いが、施設の数々のイベントを支えてくれています。

 

  流しそうめん・・・ 残すところ後4回です。完了