こんにちは介護のとうまですバイバイ

 

介護の仕事で切っても切り離せないものが

移乗介助(トランスファー)です男性トイレ

 

ベッドから起きるとき、車いすに乗るとき、トイレに行くとき、いろいろな場面で移動の動作が必要になります

 

しかし、病気や筋力が弱ったせいで一人では難しい方がたくさんいますキョロキョロ

 

そういった方の移動の介助をすることを移乗介助といいます

 

足腰が弱い高齢者のイラスト(男性)

介護の職業病と言われている「腰痛」ですが、この移乗介助が原因でぎっくり腰になる職員も少なくありません

 

ぎっくり腰や腰痛を予防するためにも、力まかせにならない介助方法を知る必要がありますグー

 

そこで、介護職が伝える介助のコツをお伝えしていこうと思いますチョキ

 

 

ボディメカニクス

移乗介助の基本技術にボディメカニクスがあります。

 

これは、人間の体を機械として考えた時の動き方…と難しい説明になってしまうので、簡潔に簡単に言うと

 

効率の良い少ない力で体を動かす方法ですビックリマーク

 

ボディメカニクスの基本原理8個

  1. 支持基底面積を広くとる
  2. 利用者と介護職双方の重心を近づける
  3. 大きな筋群を使い水平移動を使う
  4. 利用者の身体を小さくまとめる
  5. 利用者を手前に引く
  6. 介護職の重心移動で利用者を動かす
  7. 身体をねじらず、肩と腰を水平に保つ
  8. てこの原理を活用する
 
この方法を介助の動きに取り入れることで、効率のよい動きになり、最低限の力で介助ができるようになります
 
でも、これって全てを出来るようになるのは難しいんですねあせる
 
何度も回数を重ねて動きを体にしみこませて初めて使えるようになる技術であり、一朝一夕ではできません…
 
そこでビックリマーク
 
時間はかかるかもしれないが一つずつ身に着けていきましょう!!
 
 
ボディメカニクスを身につけるステップ1
 
①支持基底面席を広くとる

つまり 足を開いて体を低くする ことです 

 

例えるなら、アキレス腱を伸ばすストレッチの形ビックリマーク

アキレス腱ストレッチのイラスト(女性)
 
 
足を前後左右に開くことで、膝のクッションと太ももの筋力を使って体を動かすことで、移動できる範囲が大きくなります
 
ボディメカニクスを身につけるために、まずはアキレスけんを伸ばすように
支持基底面積を広く取り足で踏ん張る感覚
身につけてくださいキラキラ
 
 
今回はここまで。
これから、定期的に介護技術について書かせていただこうと思いますうさぎ
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

 

けいあいの郷今宿では一緒に働く仲間を募集していますビックリマーク

介護の世界がはじめての人も…

長く介護の仕事をやってきた人も…

ぜひ一緒に働きませんかはてなマーク

 

現在募集中の職種は…

 

介護職(デイケア)

看護師

ケアマネージャー

 

気になった方はお電話くださいビックリマーク

TEL:045-955-5050

担当:瀬戸

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆