お部屋とリビングの話 | けいあいの郷 緑園のブログ

けいあいの郷 緑園のブログ

けいあいの郷 緑園の情報や短期入所の空所情報などを発信しております。

最近、暖かい日が多くなりました。

そんな日は椅子と犬を庭に出し、昨日のブログにあげた梅の木を愛でながら本を読む時間が大好きです。

“木々に言葉を聞き、せせらぎを書物とし、森羅万象に善を見出す”

こうありたいものです

 

さて、

本日は、入居者の皆様が日頃お使いになられているお部屋とリビングのお話を少しさせていただければと思います。

まずお部屋は全室ユニット型となっており、

1ユニットに10部屋、そしてユニットは12ありますので全部で120部屋ということになります。

広さとしては13.31㎡ 約8畳程となります。

広さには決まりがあって、原則13.2㎡以上、最低でも10.65㎡以上必要となります。

少し広めに設定されているのは、

自宅における生活に近い日常の生活のなかでケアを行うというユニットケアの特徴を踏まえたもので、使いなれた家具を持ちこんだり、自分好みの設いにすることを想定したものとなっています。

 

次にリビングです。 

リビングはユニット毎にありますので全部で12か所となります。

こちらは一人当たり2㎡以上という決まりがあるので、1ユニットに20㎡以上の広さが必要となります。

これも テーブルや椅子をおいてユニットの入居者同士で食事をしたり談話をしたり、共同で日常生活を営む場所としてふさわしいように設定された広さであり、

また、そこに流しや調理器具を設置し、家事を行うことが出来るようにすることで暮らしの継続を図るという狙いもあります

 

 

このように

特養は そしてそこで働く私たちは 

ご入居者が継続した暮らしの中で、その人らしい生活を送れるよう、また自ら送ることができるよう、

いかに図り、促せるかを考え支援していければと思っています。

 

 

 

Sugar