書道教室でのハロウィン | けいあいの郷 影取のブログ

けいあいの郷 影取のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

こんにちはニコニコ

前回は、地域活動でのハロウィンイベントを掲示させていただきましたが、今回は書道教室でのハロウィンイベントをお伝えさせていただきます。

 

同10/31(水)4Fの地域交流スペースでは、通常の書道教室をお休みし、ささやかなパーティーを開催しました。

20名近くのお子さんのために、ボランティアさんが4㌔の揚げ物を揚げてくださいました

ギョッポーンとする量でしたが、さすが主婦キラキラ

あっという間に揚げてくださいましたルンルン

子どもたちには唐揚げが大人気で、テーブルに出した途端に無くなってしまいましたアセアセ

「ハロウィンパーティーって何するのかな?」なんて考えていたのですが、さすが遊びの天才。何もなくても子供たちは大はしゃぎでしたルンルン

 

何がしたい?と聞いた答えが「椅子取りゲーム」

その響きがなんだかとても懐かしく、そしていつの時代になっても廃れることのなかったゲームだったのかルンルンと不思議な思いになりました。

椅子の近くになるとそろりそろりと歩く子供たち。見ていて微笑ましいです。

 

子どもたちの勢いが凄すぎて、大声で声掛けしても全く聞こえないくらいの1時間。「まだ遊びた~い!!!!」と言ってくれる子どもたち。

 

どうやら楽しく終わってくれたようで一安心しました照れ

準備に勤しんでくださったボランティアさんに感謝感謝ですラブラブ

地域の方が地域のお子さんのために尽くしてくださるなんて、良い地域ですねキラキラ

 

地域活動を本格的に初めて1年半。

少しずつ、この場所が「利用されている方の家族しか入れない場所」ではないということを感じてもらえてきたのかなラブラブと思います。

 

側道で、お母さんの手を引っ張りながら入口の自販機を指さして「ジュースを買って」とおねだりしていた親子が「敷地内に入ってもいいんですか?」と恐る恐る声をかけてこられた、あの頃の「施設」。

 

ご入居者様の生活に「ここからここまで」という区切りはないと気づかされてから、少しずつ少しづつ、地域の方が施設に溶け込んで参加してくださることが増えて、

 

そして今、施設が地域の一員になれつつあるのかなぁ・・・ハートラブラブと思ったりして・・・ニコニコ

 

 

けいあいの郷 影取さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス