笑うこと | けいあいの郷 影取のブログ

けいあいの郷 影取のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

こんにちはニコニコ

すっかり涼しくなりました。

夏の時期は「これを使う頃には出来ているかねぇ~」なんてお話していた編み物クラブの作品も、少しずつ本格的な季節となってきました。

 

みなさん本格的なものを作られていて、私は作れないものばかりです。

こちらは現在ひ孫さんにチョッキを編んでいらっしゃいます。

ボランティアの先生と本を見ながら編んでいるのですが、自分でアレンジしてラインを入れられています。

その度、先生は感心して大笑い笑い泣き

その度、ご入居者様は「初めてだから適当にやってみたの」と笑っておっしゃります爆  笑

まさか初めてで、こんなに素晴らしいものが編めるわけないし、ましてやアレンジなんて出来るわけないので、それを聞いてボランティアさんはまた大笑い笑い泣き

 

そんなボランティアさんの気さくな笑いが、周りをまた楽しくさせて、みなさん結構陽気になられます。

 

少し前、季節の変わり目で、気が滅入っていらしたご入居者様が編み物にいらしたときの事です。

 

来てみたけれど、気分の乗らない入居者様。

「みんなが私を嫌っているの・・・。もう、どうしたらいいの・・・。」と引きこもりがちな生活を送っていらしたことをお話されていました。

 

「そう・・・人間だもん、好き嫌いはあるよ・・・。楽しいことはない?」と話されるボランティアさん。

「ないねぇ・・・。もうどうしようもない・・・。」

なんて話されていました。

でも、話しかけることを諦めないボランティアさん。

気付けば、下ばかり向いて猫背だったご入居者様が、口を大きくあけて笑っていましたキラキラ

 

同郷ということが分かり、故郷の気仙沼の話で華が咲き、昔の人達の温かさを、語り合い、

「お魚が美味しいね!やっぱりお刺身だね!ルンルン

「漁港の車の後につけば、こぼれたお魚が拾えたねルンルン食に困る人なんていなくて、みんなで支えあっていたね。みんな温かい人たちだったよねキラキラ

と、次から次へと会話が弾み、終いには軽い下ネタまで話して、みんな本当に大笑い爆  笑笑い泣き爆  笑笑い泣き

 

すっきりとした顔で、お部屋に戻られていました。

「編み物なんて、気がのらなければ、やらなくていいからさっビックリマークまたお話においでラブラブ」と気さくに誘われるボランティアさん。年齢もみなさんとさほどおかわりないそうで。

 

だからいいのかなぁ~ルンルンなんて思いました。

ボランティアさん自身、

「今日は休みたかったんだけど、みんなの顔が浮かんで・・・」とおっしゃります。

「やりがいがありますねラブラブ」と言うとニヤッとされます。

 

編み物クラブで編んでいるのは、こういった繋がりなのかも知れません照れ

けいあいの郷 影取さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス