本を読んで、力をつけたい。

本を読んで、魅力を高めたい。

本を読んで、自分を変えたい。

 

 

しかし、いつも本を手に入れてからは、最後まで読み切れない。

本棚には、インテリアと化した本が整然と並べられている。

 

 

 

・専門書を読んで資格を手に入れたい

・小説を読んで語彙力を磨きたい

・本を読んで知識を身につけたい

 

 

そう思って、1冊1000円以上する本を買って見たものの、

読みたい本が多すぎて、自分の読書スピードが全く追いつかない。

 

 

 

 

こういった気持ち、すごくわかります。

 

 

どうしても、本の世界に集中して

入っていくことができなくなってしまうんですよね。

 

 

 

 

なんとか字を追いかけてもソワソワして

途中で何か違うことを考えてしまっている。

 

 

 

3~4時間かけて、じっくり読んだはずの本が

3日も経つと内容なんてなーんにも覚えていない。

 

 

僕もこのような悩みをもった

読書が嫌いで無教養な人間でした。

 

 

 

周りからは、”常識がない”とか”頭が悪い”

といったレッテルを貼られて

 

「そんなことも知らないの?」と言われる、

恥をかいてばかりの毎日。

 

 

 

いつもいつも

「頭の良い人間になりたい」

「教養溢れる人間になりたい」と思っていました。

 

 

 

しかし、僕の人生は速読で大きく変わります。

 

 

まずは、普通の本が、まるで漫画を読んでいるかのように

ワクワクしながら読むことが出来るようになりました。

 

 

今までと違って本を速く読むことができるから

心理的なストレスが大きく軽減しました。

 

 

多いときは、1日で10冊以上の本を読んで

しかも内容はほとんどインプットできるようになり、

ドンドン読書にのめり込んでいきました。

 

 

 

勉強でも、速読で内容を捉えることで

参考書を読めば、テストはクリアできるようになり、

 

 

他のライバルよりも速いスピードで知識を習得して

その分野を深く掘り下げることもできたりします。

 

 

 

本を読むことで魅力もあがり、

自分の発する言葉一つ一つに説得力が増していきました。

 

 

以前は、話を聞いてくれなかった人も

目を合わせて、話を聞いてくれるようになりました。

 

 

 

 

 

 

僕が、ずっと思い描いていた「頭の良い人間」に近づくことができたのは、

「正しい速読法」に出会い、

本を読むことが、僕の中での娯楽に変わったからです。

 

 

 

今回は、僕、神山ケイが、

なぜ本を読めることが出来るようになったのか?

その方法を余すことなく話していこうかなと思います。

 

 

 

なぜ、僕が速読法を公開しようと考えたのかというと

一人でも多くの人に読書で魅力を高めて、人生を拡大してほしい。

一人でも多くの人に読書家になってほしい。

と考えているからです。

 

 

 

 

日本はとても豊かに国ですが、

知的好奇心を持っている人は少ない印象です。

毎日を惰性でダラダラと過ごしています。

 

 

 

最近は、インターネットやSNSで

情報が欲しいと思っていなくても手に入ってしまう時代です。

 

すごく便利ですが、それゆえに

情報や学びに対する知的好奇心が薄れている気がするのです。

 

 

 

 

僕も以前は、堕落していた人間で、

目的なんて何にも無く過ごしていました。

しかし、そこから読書法に出会って人生が好転しました。

 

 

 

読書で魅力を高める事が出来る、

人生を良い方向に持って行くことができると確信して

今度は、これを一人でも多くの人に伝えたいと思った次第です。

 

 

 

 

僕が今回の書籍を通してお話ししているノウハウは

読書効率を10倍や20倍にも上げてくれる

「速読」の方法です。

 

 

 

・本を読みたいけど、時間が足りない

・毎日のように本を読み続けることが出来る習慣を身につけたい

・本で知識や教養を身につけたい

 

 

といった人に向けて、プレゼントを作成しています。

 

 

 

このプレゼントの電子書籍、

本来ならば有料で販売する予定でしたが、

今なら期間限定で無料でお渡ししています。

 

 

 

 

 

この方法は、僕が大金をはたいて学んだ選りすぐりの方法なので

正直に言うと、易々と教えるのもどうなのか?と

自分でも思うときがあります。笑

 

 

 

 

ですが、以前の僕のように

”知識や教養がなくて困っている”

という方にぜひ受け取ってほしいです。

 

 

 

 

人生を拡大する読書法

 

 

 

何度も言っていますが、

僕自身はこの方法で大きく人生が変わりました。

 

 

読書が大きな趣味の一つになり、

それからと言うものの

 

・仕事

・勉強

・恋愛

 

いろんな事が上手くいき出しました。

 

 

 

ビジネス書をたくさん読んで

深い思考力をみにつけることができ、

恋愛本を読んで、

異性への理解を深めることが出来るようになりました。

 

 

 

知識が身につくので

自分の自信が持てるようなり迷い無く行動できるし、

魅力をあがりモテるようにもなりました。

 

 

なりより性格が明るくなり、

毎日を楽しく送ることが出来るようになりました。

 

 

 

これは、僕に能力があったわけではなくて

本の知識”と”速読の力”が組み合わさった威力です。

だから、いつでも誰に対しても門は開かれていると思います。

 

 

明確な目的意識を持って、本を読めば人は変われる。

僕は、これは間違いないと考えています。

 

 

 

それでは、書籍の中で会えることを楽しみにしています。

人生を拡大する読書法

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

どうも、神山ケイです。

 

 

 

最近メルマガを運営し始めたのですが、

よく「速読のやり方を教えてください!」

というメールを頂きます。

 

 

が、それはかなり厳しくて、

教えることが多すぎて無理だからです。笑

 

 

 

 

 

速読には様々なテクニックが存在していて、

やり方に関しても色々あって

まさに千差万別です。

 

 

 

 

目をグリグリ動かして読む速読や

本の適切な部分を見抜いてそこだけを読んでいく速読、

脳のブロックを外して読んでいく速読、

などなどあります。

 

 

 

 

色んなやり方があり、それぞれに

具体的な方法が存在しています。

 

 

 

 

そして、それらを組み合わせることで

より効果的にスピードを上げて

本を読むことが出来るんです

 

 

 

 

 

しかし、このときに間違った方法を同士を組み合わせると

遅くなるどころか、肝心の理解度を下げる結果になります。

 

 

 

 

例えば、先ほどの

「目をグリグリ動かす速読法」と

「本の主張を抜き取って読む方法」を組み合わせても

注意力が散漫になって、本の内容を理解することができません。

 

 

 

 

正しい組み合わせとしては、

「一定のスピードで本を読みつつ、内容を理解する」

というものです。

 

 

 

この組み合わせでより速く本を読むことができ、

それこそ1ページで数秒で読んだり、

1冊の本を数十分で読み終えてしまいます。

 

 

 

 

 

細かいテクニックなどについては、

メルマガ内と無料の電子書籍にまとめてるので

気になる人は見てみてください。

人生を拡大する読書法

 

 

 

 

 

で、今回の記事では速読について

正しい認識を手に入れて欲しいと思います。

 

 

 

 

この認識を間違っていると

「速読=超能力」

「速読は詐欺だ!」

という印象が出てきてしまいます。

 

 

 

 

実際に詐欺まがいのモノや教室があるので

仕方ないと言えば仕方ないですが・・・。

 

 

 

 

だから、まずは速読に対する正しい認識を持ってください。

と同時にこれが速読習得の第一歩です。

 

 

 

 

本を一瞬で読んでしまうような達人レベルの人には

同じような考え方があるので、

その考え方を取り入れることが大事です。

 

 

 

速読の正しい認識

 

速読は、正しい方法で練習していけば

才能に関わらずに誰でも習得できます。

 

 

 

 

「本当に自分にもできるのか・・・?」

という疑問をもって訓練していても

習得するのは難しいです。

 

 

 

なぜなら、速読をする上で

普段の読書とは違うような、

すこし常識から外れたような読み方をするからです。

 

 

 

具体的に言うと

・斜めに読んでいく

・特殊な目の動かし方をする

といったものです。

 

 

 

 

ただ、これで出来るのか?という気持ちにもなると

イマイチ本の内容を理解することができません。

 

 

だから疑心暗鬼になって、思い切りがなくなり

速読をすることができないという結果になり得ます。

 

 

 

 

それではせっかく読書をしているのにもったいないので、

「速読は必ず出来るようになる!」

という気持ちは持ち続けて欲しいです。

 

 

 

速読は訓練の賜物

 

 

速読はスポーツと同じで、

練習しないと習得することは不可能です。

 

 

「やり方を学べば、簡単にできる!」

 

 

という認識の人が多いのですが、これは大きな誤解です。

 

しっかりと理論を学んで、その理論のもとで

さらに訓練をすることで、初めて速読をすることができます。

 

 

 

最低でも1週間は訓練するべきですし、

速読を使って10冊以上は読まないと

おそらくスキルが定着しないと思います。

 

 

 

一番大事なのは、「速読を使って本を読んでみる」という部分です。

 

 

 

 

この”訓練”と”読書”を

切り分けて考えるのではなく、同じだと考えてください。

 

 

 

つまり、訓練=読書であり、読書=訓練になるんです。

 

 

 

読書だけでも、訓練だけでもダメです。

両者の歯車を回ってこそ初めて結果に繋がります。

 

 

 

速読が習得できない人は、

・速読を出来ると信じ切れていない

・訓練=読書、読書=訓練になっていない

のどちらか、もしくはその両方です。

 

 

 

 

まずはこの二つを改善してみて、

正しい速読法で快適な読書ライフを送って欲しいなと思います。

 

 

 

詳しいやり方については、こちらからどうぞ

速読の具体的な方法

 

 

 

精読の目指すところ

 

どうも、神山ケイです。

今回は、精読のやり方とその概念について書いていきたいと思います。

 

 

 

精読とは、文字のとおり

「精を込めて読む」

という意味で、

 

1冊の本をじっくりと読みながら

その内容を深く捉えていくやり方のことです。

 

 

 

100冊の本を適当に読んでいくよりは

1冊の素晴らしい、人生のバイブルになるような本を

精読した方が、成長の度合いは高いと言えます。

 

 

 

 

今まで、読書をしてきたことがある人なら

 

誰でも人生のバイブルになるような本

一番心に残っている本、

何回読んでもやみつきになる本

 

が1冊はあるかと思います。

 

 

 

 

キリスト教徒の人にとっては聖書かも知れないし、

仏教徒の人にとっては仏教書かも知れないです。

 

 

 

 

このような本は、何回も何回も読み込んで

その内容をトコトン実践に移していきます。

 

 

 

要は、その本の恩恵を十分に受けることが出来るんです。

 

 

 

このように100冊の自己啓発本を読むよりは、

1冊の自分にとって濃い本をじっくりと読んだ方がいいときもあります。

 

 

 

ただこれをするには、何度も何度も本を読み返す必要があります。

1周本を読むだけでも大変なのに

何度も読むとなるともっと大変に感じてしまいますよね。

(速読を身につければ、そのストレスはなくなるのですが・・・)

 

 

 

 

あとは、常に本を持ち歩かないといけないです。

 

 

 

 

だから僕らは、効率良く本を読んでいくためにも

精読について学ぶ必要があるんですね。

 

 

 

 

 

さっきから、精読精読と言っていますが、

この精読の概念は

「本を理解度100%で読んでいく」

ということです。

 

 

100%なんて無理だ!と感じるかもしれないですが、

90%の理解度なら誰でも達成できます。

 

 

この90%の理解度はどれくらいかと言うと

「本の内容に関して、ほとんどの質問に答えられる」

という状態です。

 

 

僕もさすがに、「何ページの何行目に書いてある文字は?」

と聞かれても答えられません。笑

 

 

 

 

でも、「○○はどういう意味?」

といった内容にはほとんど答えられることができるのが

精読の完了地点です。

 

 

 

 

つまり、読む本1冊1冊に精読をすることができれば、

色んな知識を得ることができます。

 

 

 

本の隅々までで、必要な知識を蓄えることができるので

教養に溢れて、より魅力的な人間になることができます。

 

 

精読のやり方

 

 

では、本題の精読のやり方ですが、

 

色んな方法があり、これが正しいとかいう正解はないです。

個人個人でも合うとか、合わないとかあるので。

 

ただ大事なポイントがあって、

それが、「本を読んだ後」です。

 

 

本を読んだ後で、どういう行動を取るのかで

精読を完了できるか否かが決まります。

 

 

例えば、自己啓発本を読んだときに

「夜はSNSなどを見ずに、寝よう」

と書かれていたとしましょう。

 

 

 

そのあとに、

夜早く寝て、朝の時間を有効に使えるか、

夜遅くまでダラダラと過ごしてしまうか、に分かれてしまいます。

 

 

 

 

いかに本の内容に沿って、

素直に理解して、実践してみるかが重要です。

 

 

 

帰宅してなんとなくテレビをつけないとか

SNSは朝に見るとか

・・・・・

 

 

とにかく内容を自分の生活の中に落とし込んでください。

 

 

 

これで本の理解度は段違いにいなるし、

そこには知識と一緒に経験もプラスされます。

 

 

ここまで来ると、その情報には価値が乗るので

そのことを誰かに話しても説得力が出てくるでしょう。

 

 

 

 

他にも、

 

本の内容を図式化して理解していく方法

速読を組み合わせて何周か読み直していく方法

予習を丁寧にしてから読む方法

 

色々あります。

 

 

 

 

その中から自分に合った方法を選んで

そこからさらに組み合わせることで

内容を理解することができます。

 

 

 

精読については電子書籍にまとめているので、

ぜひ受け取ってみてください。(期間限定で無料です。)

人生を拡大する読書法

 

 

精読のまとめ

 

今回の内容をまとめると、

・精読とは、100%の理解を目指していくこと

・精読で深い知識が得られる

・手法が色々ある

 

というものでした。

 

 

精読スキルを身につければ、

生涯にわたって本の内容を捉えることができます。

 

興味がある人は、習得することをオススメします。

 

 

ではでは!

どうも、神山ケイです。

 

読書をするときに、どうしても集中できない!

と感じたことがあると思います。

 

 

 

気持ちはスゴくわかります。

 

 

 

僕も読書を始めたばかりのころは、全く本の世界に入り込めずに

10ページも読んでいないのに

頭では他のことを考えていました。

 

 

 

でも、ある方法を使うことによって

この悩みを改善することが出来ました。

 

 

 

それこそ1~2時間は本の世界に没頭できるようになったし、

いつの間にか本を読み終わっていた

ということもありました。

 

 

ケータイの通知や周りの音も気にならなくなってきて、

本を開くのが楽しくなってきました。

 

 

これを聞くと「羨ましい!」と言われるのですが、

それは”ある方法”を試したからです。

 

 

しかもこの方法はものすごく簡単にできるし

時間も1分程度なので、ぜひ取り入れて欲しいなと思います。

 

 

シマエナガ読書法

 

この方法では、イメージする力が非常に大事になってきます。

あるモノを詳しくイメージすることで

不思議と集中力が上がっていきます。

 

 

逆にイメージできないと効果は無くなるのですが、

何度も繰り返していたら

必ず出来るようになるので、そこは大丈夫です。

 

 

・・・・早速本題ですが、

そのあるモノとは、

「シマエナガ」です。

 

この「雪の妖精」と言われる

カワイイ小鳥が手に乗っているのをイメージして

欲しいんです。

 

 

 

 

 

 

イメージできたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

それでは次に手を開いて、

イメージしたシマエナガを手のひらに乗せてみてください。

 

 

 

 

このときに大事なのは、「より鮮明に」

シマエナガをイメージすることです。

 

 

 

 

質感、感触、匂い、色、鳴き声、・・・

すべてをできるだけ鮮明にです。

 

 

 

より明確にイメージできたら、効果が上がっていきますよ。

 

 

 

ここまでできたら

 

 

 

 

最後にイメージしたシマエナガを

自分の後頭部においてください。

 

 

 

 

実際に手を持っていっておいて上げると効果的です。

 

 

 

 

このときにあなたのイメージしたシマエナガは、

後頭部にたってピタッと動かなくなります。

 

 

 

ここまで来ると、この集中方法は成功です。

 

 

 

その状態で読書をすると、集中力が上がって

読書効率も飛躍的に高まると思います。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

ここまでをまとめると

 

1、シマエナガを鮮明にイメージする

2,イメージしたシマエナガを手のひらにのせる

3,手のひらから後頭部に持ってきて読書をする

 

 

以上です。

 

 

 

 

かなり簡単ですよね?

 

 

 

 

実は人間は後頭部の1点に集中すると

情報の処理速度が速くなり、集中力が増すそうです。

 

 

具体的なメカニズムはわかっていないそうですが、

不思議と効果があるんですよね。笑

 

 

 

だから、極論を言ってしまえば

シマエナガじゃなくても良いはずです。

 

 

 

 

自分の好きな小動物をイメージして

その動物を後頭部に置くことができれば

集中力が上がってくるんだと思います。

 

 

 

 

好きな動物がいる人は、

その動物でやってみても面白いかもしれないですね。

 

 

では、今回はこの辺で!

 

どうも、神山ケイです。

 

 

 

速読のスキルですが、実は筋トレと似ています。

 

 

筋トレは、鍛えれば鍛えるほど筋肉は強くなるし

正しいフォームですれば、より効果的に筋肉に刺激がいきますよね。

 

 

 

 

それと同じで速読も、

鍛えれば鍛えるほど速くなっていくし

正しい方法でやることで最短距離で理想像に近づくことができます。

 

 

 

 

それこそ極めると、

一瞬で本を読むなんていう芸当ができます。

 

 

 

 

まるでオリンピック選手を見るような雲の上の存在になれるし、

周りから尊敬されると思います。

 

 

ペラペラとページをめくるだけで内容が理解出来るという

超人的な能力ですが、やはり訓練は必要です。

 

 

 

 

オリンピック選手が過酷なトレーニングをするように

僕らも速読を習得するならトレーニングは必須です。

 

 

 

ただ、速読に関しては

オリンピック選手のような血のにじむトレーニングはいらないです。

やったとしても1週間程度ですし、

 

 

 

センスのいい人は数日でマスターしてしまうでしょう。

 

 

 

訓練が必要なのは本当ですが、

正しい方法で実践すれば

意外とサクッと習得できてしまいます。

 

 

 

 

この事を知っているだけでも

脳のブロックを外すことができて、速読の習得の第一歩に繋がるので。

 

 

 

 

で、今回の本題ですが、

本を読めば読むほどスピードが増すというのは本当です。

 

 

これは当然のことで、

読書をしていく中で、読書専用の脳内回路が刺激されるからです。

 

 

この回路が刺激されると、回路が太くなっていき

より素早く正確に情報を届けることが出来るようになります。

 

 

”シナプスが繋がっていく”という表現もされますが、

要は、読書における回路を使い倒す=本をたくさん読む

ことで、速読の習得に繋がります。

 

 

いつもと違う回路を使っていくので、

普段の読書と比べて、すこしキツいような感覚になると思いますが、

それが脳を鍛えるということなんです。

 

 

脳をバキバキに鍛え上げられることができれば、

一度に色んな角度から物事を考えることができるので

 

 

 

仕事も人間関係も恋愛も勉強も・・・

なんでも上手くいくようになります。

 

 

 

仕事もアイデアがポンポン出てくるようになるし、

部下や上司の気持ちがわかるようになるし

異性の心境にも寄り添うことができるようになるし、

勉強も他の物事と関連づけながら理解することができます。

 

 

 

実際に僕も読書を続けてきましたが、

発言が説得力を持つようになり、

人の気持ちが以前よりもわかるようになり、

勉強も上手くいくようになりました。

 

 

 

 

それだけ脳を鍛えるというのは、メリットがあるんです。

 

 

 

そして脳を鍛えるための手段の一つが

読書であり、速読なんです。

 

 

 

ぜひ、脳を鍛えながら本を読んで

読書のスピードを上げていって欲しいなと思います。

 

 

短いですが、この辺で!

ではでは~