ヘッドハンター畑圭一郎のブログ

ヘッドハンター畑圭一郎のブログ

「人と組織と社会を元気にしたい!」
そんな「想い」でふと思ったことや感じたことなどを書いています。テーマとしては「キャリア・人間関係・モノの考え方」のテーマが多いと思います。と言いながら好き勝手書いています。


テーマ:

畑圭一郎(経営者JP)です。

サッカー日本代表の決勝トーナメント進出が決まりました!
おめでとうございます☆

最後のポーランド戦についてはいろいろな意見があるでしょう。

西野監督はセネガル・日本の状況を総合的に考え、
後半LAST10分は「フェアプレーポイントで2位を狙う」戦略に切り替えました。
一切の攻撃を止め、日本エリア内でのパス回しに徹するという戦術を貫き通しました。

会場はブーイングの嵐。
翌日の各国メディアの反応も同様の反応。

ちなみに、
みなさんはこの件、どのようにお感じになりましたか?

私は西野監督を支持します。

西野監督も「本意ではない」とコメントをされていましたが、
相当の苦渋の決断だったと思います。

あらためて、リーダーの大変さを感じました。
経営者の仕事も一緒ですね。

では7月の「エグゼクティブ通信」です。


1)任せ方の教科書
2)今月の畑のつぶやき(「意志と頑固」)

___________________________

1)任せ方の教科書
___________________________

ライフネット生命創業者の出口さんの「任せ方の教科書」を
最近、読んでいます。

自分に不足しているところに「線」を引きながら読んだのですが、
読み終えてみると「線」だらけです。。。泣


■任せるではなく、丸投げになっている
■的確な指示が出せていない
■判断のルールを作っていない
などなど、耳の痛い話が多かったです。

私が本書を読んで一つハッとしたのは
指示を出すときに、

1)期限を示す
2)優先順位を示す
3)目的・背景を示す
4)レベルを示す

この4つを具体的に示していないことです。

いわれてみれば当然だよね、と思うことも、
実際のシーンを思い浮かべると、、、
できてませんね。。

言うは易く行うは難しですが、諦めたら終わりです。


頑張らねばと思いました。


みなさんの「任せ方のコツ」があればぜひ、私に伝授してください!

お願いしますm(__)m
_____________________________

2)今月の畑のつぶやき(「意志と頑固」)
_____________________________

ふと、
自分の「意志」を持つことと「頑固」であることはどう違うのか?
と考えました。

いろいろと考えた結果、
表面的には紙一重な感じもしますが、
実は全く別物であると私なりには理解をしました。

では何が違うのか。

それは本当の意味で、
「自分に自信があるかどうか」ではないかと考えました。

本当に強い人は「心」に余裕があるものです。
自分を否定されても、自分の意見が違うと言われても、
「心」に余裕があれば受け止めることができます。
そして、自分が間違っていれば、サッと軌道修正をすることができます。

しかし、自分に自信がなく、「心」に余裕がないと、
否定されたり、自分の意見に反論されると、
内容に関係なく、意固地になってしまい、
結果的に頑固な人になってしまうのだと感じました。

自分も意志を持った人間にならないといけないですが、
頑固な人間にならないように気をつけないとです。

_____________________________

あとがき
_____________________________

今日!?明日!?はいよいよベルギー戦です!
日本時間3日の朝方?深夜の3時キックオフなので、
見るか迷うところです。。。

おそらく見ますね。苦笑

今回もお付き合いありがとうございました。
 


テーマ:

畑圭一郎(経営者JP)です。

先日、人生百年時代を見据えたセミナー&交流会を開催いたしました。
このようなセミナーにお越しいただく方々なので、
志の高い方が非常に多く、会自体もたいへん盛り上がりました。

私のファシリテーションの至らなさが唯一の反省点です。。泣

会を通して感じたことは
これからの時代は「個」で戦えるかどうかが非常に重要だということです。

決して起業を促すという話ではなく、組織人であってもいいのですが、
その中で「個」で勝負しているかということです。


「井の中と大海」
「企業側はガードレールの設置をすること」

こんな話が登壇者から発信され、
非常に私の胸に突き刺さりました。


では6月の「エグゼクティブ通信」です。


1)効果性と効率性
2)今月の畑のつぶやき(「答えがないことを楽しむ」)

___________________________

1)効果性と効率性
___________________________

今年から7つの習慣を学び直しています。

その中で先日、自分の中でハッとさせられる一文がありました。

それは
自分の時間を使うときは「効率性」を考え、
人に任せるときは「効果性」を考えることだと。

私なりに解釈をすると
人と絡む仕事はすべて効率性の追求ではなく、
効果性の追及であるということです。

なぜならば、
人は合理的な理屈で動いていない生き物だからです。
(感情がある生き物だからです。)


・部下が話をしてきたときにPC画面を見ながら対応する
・人の気持ちがほぐれていないのに強引に物事を進める
・部下にこと細かく作業レベルの指示を与えて仕事をさせる


いずれも効率だけを考えれば別に問題のないことだと思いますが、
これでは効果は出にくいと言わざる得ません。


みなさんの組織ではいかがでしょうか?


意外にこういうことが普通にまかり通っていることがあるように思います。

詳細は割愛しますが、
7つの習慣ではメンバーと共に仕事をする際に
下記の5つを明確&共通理解にしておくことが重要であると述べています。

・望む成果(何を達成しなければならないのか)
・ガイドライン(守るべき基準やルール)
・リソース(望む結果を得るために使えるリソースを明確にする)
・アカウンタビリティ(成果を評価する基準を定め、報告を求める気時期や評価を行う時期を決めておく。)
・評価の結果(評価の結果としてよいことも悪い言ことも具体的に話をしておく。)


言うは易く行うは難しですが、諦めたら終わりです。


参考までにm(__)m

_____________________________

2)今月の畑のつぶやき(「答えがないことを楽しむ」)
_____________________________

人生もビジネスも正しい答えなんてありません。

だからこそ、難しさがあり、悩むわけです。苦笑

そう考えると最後は、


『自分が本気でなにをしたいのか?どうしたいのか?』


これだけのような気がします。

今、間違っていると言われていても
最終的に結果が出れば、
それは「正解」となるわけです。

うん、
やはり当面は悩むことになりそうです。苦笑

それも人生です。


「自分の敵は自分」だとなにかで見た(読んだ)ことがありますが、
本当にそのとおりだと痛感させられます。

どうせならこれを楽しんだほうがいいです。

答えがなければ答えにすればいい!

その気持ちで頑張ります。


みなさんはいかがですか?


参考までにm(__)m
_____________________________

あとがき
_____________________________

米朝首脳会談の開催が確定しました。

当面いろいろありそうですが、悪い流れではないと感じています。

どうでもいいですが、
ふと、71歳のトランプ氏と33歳?位と言われている金氏の
年齢ギャップに驚きました。
冒頭どんな話をするのかな、と。

平和に向かうことを願うばかりです。

今回もお付き合いありがとうございました。
 


テーマ:

畑圭一郎(経営者JP)です。

ここのところ忙しさにかまけて、
エグゼクティブ通信の配信を怠ってしまっていました。
反省です。。。

話は変わりますが、
米朝首脳会談が現実味を帯びてきました。
トランプ氏の支持者は「トランプ氏にノーベル平和賞を!」と鼻息荒い様子ですが、
個人的には「それはないだろう。(苦笑)」と思っています。

また、少し前までの激しい対立がウソのように、
歩み寄る姿勢を示す北朝鮮(金正恩氏)の出方にまだ半信半疑ですが、
どちらにしても世界の平和に向けてよい方向に動くことを願います。

では4月の「エグゼクティブ通信」です。


1)社長と役員の違い
2)今月の畑のつぶやき(「なによりも信頼関係」)

___________________________

1)社長と役員の違い
___________________________

先日、「EXTREME TEAMS」という本を読みました。

一言でいうと、凄い会社について書かれた本です。笑

グーグルやアップル、ネットフリックス、パタゴニア、
ザッポス、エアビーアンドビーなどの企業を取り上げながら、
凄いチームは何が違うのかということで書かれています。

その詳細の内容はぜひ手に取ってお確かめください!

私はある章の中で書かれていた一文がとても印象的でした。

それは
【自社のフォーカスポイントを徹底共有することの難しさ】です。


ちなみに、、、

今期の御社の最重要事項3つはなんですか?


社長ならきっと答えれると思います!(ほんとに?笑)
副社長もきっと答えられると思います。(ほんとに?笑)
役員は?事業部長は?部長は?課長は?・・・(きっと無理。笑)


つまりそういうことなのだと思います。

まず大前提として、
社長がフォーカスできていないとだめですよね。
ついつい、社長は「あれもこれも」になってしまいがちです。
そのような会社は山ほどあります。


エアビーも以前は年間の重要項目が10個も20個もあったみたいですが、
今はA4シートに4個に絞っているようです。

ただ、本コラムでお伝えしたいことはそこではなく、
社長と役員が【どこまで同じ絵を見ているか】です。
ここで言うならば、
社長が決めた最重要事項3つを役員陣も同じように理解しているかです。


御社の役員陣(みなさんの部下)はみなさんと
同じ絵を見て業務執行にあたっていらっしゃいますか?

「1回しっかり伝えたから大丈夫!」
「何回も伝えているから同じ絵に決まっている!」

そう思いたいですよね。。。


しかし、
ある研究データによると、
トップと同じ絵を見ている役員は2%しかないという結果があります。

驚愕ですよね。。。
たったの2%です。

50社中49社は社長と役員の見ているモノが違うということです。

この現実から社長は目を背けてはいけません。
「言った=伝わる」ではないという事実を直視しなければなりません。

では社長は何をすべきなのか。

伝わるまで語る。対話する。議論する。
そして伝わっているか確認をする。
これしかありません。

そのくらい同じ絵を見ることは難しいことなのです。

会社経営において絶大なる影響力を持つ社長と役員陣だからこそ、
これに時間を使う意味があると思います。

当社のクライアントでも経営陣合宿を行い、
とにかく徹底的に会社の方向性、戦略について話し合っている企業がいくつかあります。
そういう企業は業績もいいです。


みなさんの会社は
2%ですか?
98%ですか?


参考までにm(__)m

_____________________________

2)今月の畑のつぶやき(「なによりも信頼関係」)
_____________________________

人生もビジネスも社会・組織で生きていくうえでは
自分一人でコトを成し遂げることはできないと思っています。

そんな世の中では生きていくには難しい理屈を抜きにシンプルに、
「相手との信頼関係」が大事!!!と最近、つくづく思います。


経営学者のピーター・F・ドラッカー氏や
経営コンサルタントのスティーブン・R・コヴィーも
信頼関係の重要性を説いているということは
きっと間違いないではないハズ。笑

しかし、
実社会ではこの信頼関係を本当に重視しているかというと
意外にそうでないことも散見される気がする。
頭の中で「理屈」として理解している人が多い。

信頼関係があれば過度なルールやマネジメントはなくなる。

「言うは易く行うは難し」

理想と現実の中で葛藤し続けるのもこれまた人生です。


ちなみに私は相手との信頼関係を築くためには
「相手を想い、相手のために真剣に向き合う」ことが大事だと思っています。


みなさんは
上司を信頼していますか?
部下を信頼していますか?


参考までにm(__)m
_____________________________

あとがき
_____________________________

子供が少年野球チームに入りました。

自分の子供の時の比べるとチームの運営方針が甘くて、
「こんなんでいいのか!」と思いつつ、
時代の変化とまずは野球を楽しむことが大事かなと
自分に言い聞かせ、静かな保護者を貫いています。笑

今回もお付き合いありがとうございました。

 


テーマ:

新年あけましておめでとうございます。
畑圭一郎(経営者JP)です。

当社は本日が仕事始めです。
昨年もみなさまには本当にお世話になりました。
感謝してもしきれないですが、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

微力ではありますが、
本年もみなさまのお役に立てるように精一杯努力したいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


では2018年最初の「エグゼクティブ通信」です。


1)2018年の日本経済の行く末
2)今月の畑のつぶやき(「人として正しいことをする」)

___________________________

1)2018年の日本経済の行く末
___________________________

2017年は日経平均株価が26年ぶりに高値をつけるなど、
明るい兆しが見えつつあった年でした。
(昨日も出だしのいい大発会でした。)

GDPの成長推移も(いろいろな声があるものの)、
着実に伸びてきています。
また、お客さんとの商談の中でも明るい話を聞くことが多く、
実体経済もいい方向に向かっているのだと個人的には思っています。


さて、2018年の日本経済はどのような方向性になるのでしょうか?


経営者のみなさんにとっては気になるところかもしれません。

当然、「国民の所得増加→個人消費拡大→日本経済拡大」
がいいシナリオであり、こうなってほしいと思いますし、
この声を予想する専門家の声も結構多いそうです。

一方で北朝鮮リスク、不動産価格下落リスクは
頭の片隅に置いておくとよさそうです。
(不動産業界の方と話をしていても、
今は少し不動産バブルではないかと思います。)


しかし!!!
結局のところ、どうなるかはわかりませんし、
そんなことを評論家のように論じていても何も始まりません!笑


経営は「実行」です!


みなさんが経営を頑張っていただき、企業を活性化させていただくことで、
日本経済が盛り上がっていくと私は信じています!

ということで、
タイトルに対して、内容が非常にチープでクレームになりそうですが、(笑)
2018年の日本経済はみなさんにがかかっています!ので、
本年も日本経済をどうぞよろしくお願いしますm(__)m

当社は最前線で戦っているみなさんを少しでもサポートできるように
努めてまいりたいと思います。

_____________________________

2)今月の畑のつぶやき(「人として正しいことをする」)
_____________________________

「困っている人がいたら手を差し伸べる」
「悪いことをしたら謝る」
「嘘はつかない」

こんなことを子供のころに親や先生から教わった気がします。

こういう当たり前のことを当たり前にすることは
大人になっても大事なのだと強く思います。

大人になると無駄に知恵がついてきて、
「人が見ていないなら大丈夫」という衝動に駆られたり、
「相手にも否がある」などのへんな理屈を考え、
自分を正当化したりします。

でもやはり
「困っている人がいたら手を差し伸べる」
「悪いことをしたら謝る」
「嘘はつかない」
なのだと思います。

ビジネスの世界でも
これは通じると私は考えています。

いろいろなエグゼクティブの方とお会いしてきていますが、
やはり人としての誠実さをお持ちの方が多いです。
稀にそうでない方もいらっしゃいますが。笑

ということで、
2018年年初は自戒の念を込めて、
「人として正しいことをする!」と、
少しマジメなつぶやきにしました。
_____________________________

あとがき
_____________________________

最近、飲むと決まって乗り過ごしてしまいます。
また忘れ物もしてしまいます。。。(これ、本当に危険。。)

年なのかもしれません。。。

今月は1月、新年会があります。。。

とにかく、
気を引き締めたいと思います。

みなさんも気を付けてくださいねm(__)m
(体験談として、「IPhoneを探す」機能はかなり使えます。笑)

今回もお付き合いありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


テーマ:

ここ数か月、自組織について考えることがあります。

 

うちのメンバーは本当にいい人が多く、

なかなかこんな素敵なメンバーが集まっている会社は

少ないのではないかと心底思っています。

 

ブログのタイトルにもあります【自分の理想とする組織】ですが、

私は「社員一人ひとりが会社の目的、自分の目的、それの重なる部分を自分で考えて、主体的に自分の行動を選択し、行動する。」

これが理想の姿だし、本人にとっても絶対、それが楽しいことだと

信じています。

 

いろいろなタイプがあるので、全社員にそれを求めること自体が

ナンセンスだという声もあるかもしれません。

でも、私はそんなことないと思います。

 

人間はみな、自分の人生というクルマのハンドルを

自分で本来握っています。

 

私は控えめだから、自分の人生も人に任せている、

なって人はだれ一人いないはずです。

 

自分の人生は誰かが決めるのではないのです。

自分で決めるのです。

だから人生は楽しいのです。

 

ビジネスの世界も一緒だと思います。

上司が言ったから、顧客が言ったから、ではないと思います。

自分がどうしたいかだと思います。

(話が矛盾しますが、そこの判断軸に組織という観点が入ることは

当然です。)

 

私は現在36歳です。

ビジネスの世界に入り、約14年が経過しました。

 

これまでの上司には大変恵まれており、

みなさん、私の性格を見抜き、(多分、シンプルなので、分かりやすい

のだと思います。笑)

私を上手く活かしてくれた方々だった振り返ると強く感じます。

感謝しかありません。

 

私はあまり人に細かいことまで指図されるのが好きではなく、

結果は出すから、自分で考えて、自分の好きなようにさせてほしい、

結果が出なければ、その責任は自分で取る、というタイプだと

自覚しています。

(当然ですが、責任を取ると言っても、本来、私のイメージしている

責任なんてものは上司から見れば取っていないのと同様です。

実際に、私の立場で取れる責任なんてものはたいしたことはなく、

全て上司のみなさんが責任を取ってくれていたわけですが、、、。

すんません。)

 

上司は自分のそんな性格を見抜いて、

比較的、自分の好きなようにさせてくださいました。

 

そして、自分がチームを牽引していく立場になり、

ふと思うことは「自分は人に強制的に物事をさせることが苦手」

ということです。

そして、今後もそれをしたいと思わないということです。

 

しかし、

チームを牽引する人間としてはチームの成果を出すことは

逃れられない役割です。

 

そうやっていろいろと考えていると結局は自分の未熟さが

いろいろなことを中途半端にしているのだと再認識しました。

 

本題に戻りますが、

私は「チームのメンバーが会社のことを自分ごとで考え、

自分で考えて行動し、楽しく成果を上げている状態を作りたい」

と思っています。

 

その為には自分が本気で会社のことを考え、本気でメンバーと話をし、

本気でメッセージを伝え、ぶつかっていくということに尽きるのだと

気づきました。

 

自分のことを棚に上げて、

「理想のチーム」とはと考えている自分がいることに気づいた

この1,2週間だったので、とりあえず、文字に落として、

自分への戒めにしたいと思います。

 

さあ、頑張ろう!

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス