ボツネタその3(ロッククランキング?) | ν wackyの釣歩記
2016-06-07 20:44:24

ボツネタその3(ロッククランキング?)

テーマ:小ネタ・・・
今回のネタは、この対象魚にこんなハイリスクな釣り方をする人は、あんまり居ないだろうということでボツとしました。


ゴロ浜シャローの波打ち際

ムラソイやカサゴを、ディープダイバーのプラグで狙ってみるというもの。


若かりし頃、バス釣りでシャローエリアをディープクランクでゴリゴリ巻いて、障害物に当ててヒラ打ちさせて釣るのが好きだったので、同じようにやってみようという簡単な発想。


シャロータイプのミノーも用意したのですが・・・

相当活性が高くないと喰ってこない感じ。


もっと、底をガンガン叩いていけるディープタイプのほうが、良く出てくる。

リップの角ばった、ディープクラピー




少しリップが丸い

ティモン

釣り方は、波打ち際の岩周りへキャストしてリトリーブ。

ボトムにリップが当たったら、リトリーブを止めてクランクの浮力で少し浮かせます。

これの繰り返し。
ボトムに当たっても、ルアーが泳げるならロッドを立ててゆっくりリトリーブを続けます。

魚が喰ってきたら、リトリーブに関係無くブルブルってロッドが暴れるので直ぐ分かります♪

追っかけて喰って来たら、元の岩の穴へ戻ろうと素早い動きをするので、かなりスリリング!!





しかし、あまりボトムを取れないと・・・

この子の餌食になります。
・・・が、ワームじゃないので大丈夫♪



アメリカンなルアーで釣れると・・・

私的に、喜びはひとしお


しかし、テキサスリグ&ジグヘッドなどのワームで十分釣れる魚なので、根掛かり等ハイリスクなロッククランキングをやる人はおらんじゃろ?と、いうのが私の考え。


よってボツネタとなりました。



個人的には楽しい釣り方なんだけどね♪

wacky  (竹下 倫明)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス