祝奉芝居 『木挽きのほほえみ』@佐太神社 出雲 2016年11月9日 | Kushima Letters~串間通信~keep-peaceloveshine

テーマ:
出雲國二之宮 佐太神社にて40年式年遷宮記念をお祝いし、木挽きのほほえみを奉納申し上げました。

{4C32AD11-5A2F-4507-87E0-86D1D25684B9}

島根県松江市にあるこちらの佐太神社さまは、佐太御大神さまはじめ、伊奘諾さま、伊邪那美さま、天照さま、素戔嗚さまなど、12柱神を祀ってあり、717年(養老元年)に建てられました。

山陰中央新報さまの記事 をポチッと押すとご覧いただけます。

{99874D38-B0BB-475B-A42D-FC7AC893C2C3}
山陰中央新報さまより引用

地元の言葉で、お忌みさま(あらさでさま)と親しまれる神在祭。

日本では一般に、この時期を神無月(かんなづき)と呼びますが、日本中の神様がここ出雲の地に集まり、神在月(かみありづき)と言います。

佐太神社はじめ、各神社さまで、しかるべきタイミングに、神在の祭をお務めになります。

{C0C0A7A6-7CB2-4D1C-8289-64E562E35006}
神楽殿、裸足で板の上を歩くだけでも、感動。

そんな神在月のはじまりの日、11月9日にこちらの神楽殿にて務めさせていただきました。

{39457214-91E0-483E-B79C-7D2065A95338}

東京から駆けつけてくださった、日吉郁美さんもお手伝いいただき、神楽舞台まわりのお掃除やテント張りも尽力いただきました。

そう、まだまだ、雨が降っていた中、地元氏子のイノウエさまにも、朝早くからお片づけまでお力たまわりまして、本当にありがとうございます。(お写真撮れておらず申し訳ありません)

{AB0330BE-2790-4A7C-95E7-C9AE2BBEDBC5}
この神楽殿で催される佐陀神能は、ユネスコ無形文化遺産リストに登録してあります。佐陀神能、9月にあるようです。ぜひこの時期にも訪れること、オススメです。

詳しくは佐太神社HP


{432E224F-FEB7-46E6-A3B7-C16B8CD369B8}

あらさで、と言うくらい、あらあらしく、いろんなものを、去らせ、出させる、強い風が吹いた。

奉納開始の11時には、雨も上がり、青空も見え、日本中の神様たちが、こぞって観に、遊びにきてくださっていたら、嬉しいですね〜😊

{17A00715-36D4-4EC1-BD52-DF31F35EC04F}

ご来場、お立ち会いいただいた皆さまも沢山いらっしゃいました。

寒かったですから、みなさん風邪など召されてなければいいなあ〜〜✨

{2343A65D-A818-459C-86A3-E8F4B250DCE9}

貴重な機会を設けていただきました、朝山芳圀宮司さま。
御地でのご手配全てにお世話になりました、石橋淳一権禰宜さま。

お世話になりまして、本当にありがとうございました。

また、株式会社かもすの三島俊介様、慶応三田会の木村和道様、佐太神社氏子総代の新宮文雄様、関係の方々にも、心より御礼申し上げます。

{86D07134-9A06-43DD-BE15-D9FD0031887D}

そして、日吉郁美さま、私がニューヨーク滞在中からアレンジ、東京-出雲-ニューヨークのやり取り。
本当にありがとうございました。

佐太御大神は、猿田彦大神。道開きの神様。

『木挽きのほほえみ』の少年の名は

カイ

まさに新しい時代が、この日、出雲の地で

開(カイ)かれました⛩

日吉さん、進んでいきますよ😃

つづく✨✨✨

{0CEFCB92-56BD-4215-B4D5-D492DA288F68}




keep-peaceloveshineさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ