次へ ~beyond~ | 風のたまごを見つけた   

風のたまごを見つけた   

for pilgrims on this planet.
この惑星はなんて不思議!

 

 

 

 

 

次へ beyond

 

 

 

 

行こう

 

 

 

その先へ

 

 

 

 

 

 

溢れるほどの

 

 

 

優しい思い出に

 

 

 

せつない気持ちに

 

 

 

心地よい自分に

 

 

 

これまでありがとうと

 

 

 

 

こころをこめて


 

 

新しい風に流して

 

 

 

 

 

たくさんのドラマを

 

 

 

ぎゅっと抱きしめている

 

 

 

両腕をほどいて

 

 

 

 

次へ

 

 

 

踏み出そう

 

 

 

 

わたしを愛から遠ざける

 

 

 

どんな理由も存在しない

 

 

 

源の光へと

 

 

 

戻ってゆこう

 

 

 

 

 

 

もっと壮大で

 

 

 

もっと自由に

 

 

 

命が

 

 

生き生きと躍動する

 

 

 

本当の記憶へと

 

 

 

わたしたちの叡智へと

 

 

 

戻ってゆこう

 

 

 

 

過去の延長の

 

 

 

自分に安らぐ

 

 

 

退屈な癖を捨てて

 

 

 

 

 

新しい

 

 

 

いのちの瞬間の連続を

 

 

 

こどものような

 

 

 

やわらかな笑顔で

 

 

 

生き始めよう

 

 

 

 

 

そう

 

 

 

わたしはあなたで

 

 

 

あなたはわたし

 

 

 

 

 

愛という動機だけが

 

 

 

知っている喜びを

 

 

 

いつも味わうことができる

 

 

 

わたしたちの扉が

 

 

 

いま、ここにあることに気づいて

 

 

 

 

 

そっと

 

 

 

大胆に

 

 

 

それがあたりまえの

 

 

 

選択であるように

 

 

 

 

次へゆこう

 

 

 

 

 

 

 

赤薔薇

 

 

 

「満月のスープ」という物語を

連載していました。

 

毎回、冒頭に

月からのメッセージを載せて

物語を始めます。

 

それは

主人公の少女レイラを見守る

母のような光のエネルギーだったのですが、

 

このブログを書きながら

ふと、気づきました。

 

新月と満月ごとに

メッセージを受け取るとき

 

まるで、成長したレイラの

背中を押す友人のような

祝福の光を感じること。

 

 

おそらく

あの頃から、ここに来て下さる方も

そして私自身も

知らぬ間に大きく変容しているのでしょうね♪

 

 

細胞が入れ替わるように

何かを捨て

本質を選び。

 

 

目に見える変化は

プロセスがわかりやすいですが

内面の変化は、微妙であるほど

加速的に進み

あるとき、振り返ると

全く違う自分がそこにいたりします。

 

同じように変化してきた周囲もあれば

異なる選択をした周囲もあり

知らぬ間に違う景色の中に

いたりします。

 

 

 

 

これからは、自分が本当に

たいせつだと感じることだけを

心に置いて生きてゆく時代に

なってゆくのでしょうか。

 

 

双子座の新月。

 

内外ともに大きな

断捨離に取りかかっている方も

いらっしゃることでしょう。

 

きっと、

もうすっかり古いものは捨てきった!

という方も。。

 

私の場合、

この春から、からだに

フォーカスが当たっているようで

結構、揺れております。

 

ヨガ的には、見えないカラダもカラダです。

肉体、感情体、精神体、コーザル体。

私の肉体は、古い記憶や痛みを

解き放っているのでしょうか。

 

あまり気負わず

焦らず

本当の自分の心に触れながら

やわらかく生き、行動することを

意識しつて

迎えた今日の新月。

 

 

だんだん、時間の感覚が

変わってゆくように思います。

 


 

もともと

世間話が

苦手な方ではありますが(笑)

最近は特に

その傾向が強くなってきました!

 

言葉を使うことは

これからは、誰にとっても

大きな意味、力があるように感じます。

 

できれば、本当に

大切なことに使って

ハートが枯れないように

したいですよね。

 

 

本来の道に戻ってゆくために

こころ深くにあるものを

表現して生きてゆくこと

 

それが深くなるほど

必ず訪れる、

死と再生のサイクル。

 

 

大切にしていたけれど

いつか執着になっていたものは、、

捨てるというより

しっかり埋葬することが

大切なのかも知れません。

 

灰の中から

不死鳥が蘇るように。

 

 

 

 

 

 

みなさまのこの新月が

とびきり素敵な

あたらしいサイクルの始まりになることを

 

こころから

お祈りします♡

 

 

さくらま@プチ療養中

 

 

 

 

 

 

 

contact

info@yukaring.net 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました。

下記のジャンルに登録しています。

1日1クリック有効ということです

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

エッセイ・随筆ランキング