闇の妖精~やさしい新月の宵に~ | 風のたまごを見つけた   

風のたまごを見つけた   

for pilgrims on this planet.
この惑星はなんて不思議!

 

 

 

闇の妖精

 

 

 

 

 

暗闇のなかに

 

 

光る

 

 

ちいさな生命がいる

 



ひとの吐いた


暗いものを集めて


静かに呼吸する


規則正しい音がする




白く発光する

 

 

妖精の瞳は


遠く、もの悲しく

 

 

蒼い大海のように


潤んでいる




まだ言葉を知らない


幼い人間か


くつろいだ
動物だけが

 

 

妖精に気づくけれど

 





不思議なことに


すっかり傷ついて

 

 

からっぽの心を抱えた


大人もまた


妖精が呼吸する


音のない音を


聞いている


 

 

 

同じだから

 

 

彼らもまた


ひとの吐いた

 

 

暗いものを吸い込んでは


光に変える

 

 

優しすぎる

 

 

妖精だから




夢見ている

 

 

 

やがて光満ちる

 

 

 

帰還のときを

 

 

 

 

闇が


生命を生む源の


無限の鼓動を打ち始めると

 

 

 


妖精たちの細胞は

 

 

運命に

 

 

つながりはじめる




傷ついたすべての原子が


大宇宙に

 

 

美しく配置された

 

 

星々のように


 

あるべき場所に


 整列してゆく

 

 

 

 

ひとつに還る喜びの

 

 

笑いのさざ波が

 

 

大聖堂の鐘の音のように
 

 

空いっぱい広がりゆく

 

 

そのときまで





光はいつも


自分の光を知らず


闇のなかで輝いている

 

 

 

 

 

Yukari Sakurama

 

 

 

 

黄金の連休が始まったばかり!

 

と、いうのに、

 

さくらまったら、、らしくもなく

 

ダークなテーマ!?

 

 

 

そう、雨ですし♪

 

というか、、、

 

連休だから晴れやかに♡とか

 

鯉のぼり的テーマに変えよう、とか

 

一切ない、さくらまで(笑)

 

すみません。

 

 

深夜にはたと起きて

 

暫し、置物のごとく

 

じーっと座り

 

一気に書きました。

 

 

なぜかな。

 

 

眠る前に読んだ記事と

 

見た映像、、。

 

 

ウクライナの惨状、知床の遊覧船事故、

 

行方不明の女児捜索、、、

 

 

こういう出来事を

 

適切な距離を持って見つめるのは

 

HSP気質には困難ですが

 

避けるのでなく

 

師、アンマの言葉を思い出して

 

向き合うことにしています。

 

 

 

 

「写真でなく鏡のように」

 

辛い事象やわき上がる感情を

 

写真を撮るように

 

心に焼き付けるのではなく

 

鏡に写し出される映像を見るように

 

一瞬、一瞬、流してゆきなさい。

 

 

鏡、という表現は

 

より深い意味を含むと思うのですが

 

簡単ではないので

 

今は触れないで次回にします。

 

 

 

 

 

新しいパラダイムへと移行するときの荒波は

 

社会的な事象であれ、個人的な事柄であれ

 

感情への影響が大きいもの。

 

 

乗り越えるツールが必要です。

 

 

とにもかくにも、

 

自分にはいつも

 

書くという行為があること。

 

 すごく助かります。

 

ありがたい。

 

読んでくださる方がいてこそです。

 

 

感謝するばかりです。

 

 

 

そういえば

 

プロ級に料理がうまい友が

 

「料理は瞑想なのよ!」

 

と言ってました。

 

 

あれは、もしかすると

 

彼女なりの心の変容ツール、

 

という意味かもしれません。

 

 

 

 

連休と言えば、若い頃

 

お休み中も仕事に追われました。

 

自己犠牲に充実感を

 

感じたりして(←キケン!)

 

仕事に滅私状態だったこともあります。

 

それはそれで、その時期に必要な

 

大切な学びだったとは

 

思うのですが、

 

おばさんになるほど、

 

人生にたくさん

 

愛と喜びと、平和と

 

そして、やさしい出会いを許したいと思う。

 

 

 

そんなわけで今日は、

 

かつて職場を共にした古い友人と

 

すごーく久しぶりに、青山ランチでした。

 

 

去年の秋にも紹介したことがありますが

 

祝福感いっぱいで、気持ちが上がる

 

リースサラダのランチ♡

 

秋とは乗っかってるものが違って

 

今はかわいいエビちゃんが♡

 

 

 

思うに、

 

あっさりした食事であるほど

 

形状のかわいさ、スペシャル感が大事。

 

 

自宅でサラダだけの

 

シンプルな夕食をとる日が

 

ありますが、

 

そういう手抜きの日に限り

 

でっかいイタリア製のお皿を出して

 

ビーツやクレソンや、チーズや、オレンジや何やら(笑)

 

色とりどりに盛って食します。

 

 

なんかね、

 

空気食べの幸福感が満ちます。。

 

 

ふふ、余談でした。

 

 

 

友人から連絡が来てからは

 

どんなお話しよかなん♡

 

彼女はまだダンスやってるのかしらん♡

 

お仕事は楽しくやってるかなん♡

 

なんて、なんて

 

色々思いを馳せましたが

 

会うと嬉しくて、他愛もない話とかで

 

ケラケラ笑って、

 

終わってしまいました。

 

すごく久しぶりだったのに。

 

 

色々話したかったけれど

 

このご時世、会えるということって

 

それだけで素敵。

 

その人がいてくれることが嬉しい♡

 

やっぱり会って話す方が

 

こころが自由になりますね♪

 

雨だったけれど

 

なんだかとても幸せ。

 

 

地球に生きる妖精のみなさま

 

いえ、

 

輝くひかりのみなさま!

 

どうぞ、あなたの輝きにふさわしい

 

素敵な連休をお過ごし下さいね

 

幸せをおりのりします。ドキドキ

 

 

 

 

 

 

p.s. 

 

前回、前々回とカラダをテーマにしましたが

私自身、整体を取り入れた、とある歯科治療で

からだに合わない不都合が生じてしまいました。

 

アタマで考えるとよいアプローチでも

自分の直観を無視してはいけないと大反省。

ナニゴトも起こるべくして起こるので、気づき

となるよい経験だったと感謝です。

 

正しい正しくないという思考に流されず、

素直にカラダの声に従うことの大切さを

改めて、そして深く実感しております!

自分に素直に生きよう!

 

 

 

【からだの想いを聞く】

 

 

 

 

声のサイト

 

 

 

 

contact

info@yukaring.net 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました。

下記のジャンルに登録しています。

1日1クリック有効ということです

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

エッセイ・随筆ランキング