2016年夏季五輪の招致活動で生じた赤字が約7億円になり、東京都と東京オリンピック・パラリンピック招致委員会が24日に公表する活動報告書の中で、同額を借り入れる方針を示していることが分かった。借り入れは完了していないが、民間から調達する予定。招致関係者は「報告書で収支を均衡させることを重視した」と話している。

 関係者によると、招致経費の支出は約149億円で予定額の150億円を下回ったが、都税100億円を含む収入は約142億円で、約7億円の赤字となった。不況の影響で、民間企業からの寄付金が予定の50億円を大幅に下回ったのが原因。都は都税の追加投入はしない方針だ。

 都は、デンマーク・コペンハーゲンでの最終プレゼンテーションで使った映像の製作費約5億円の値下げなどを大手広告代理店「電通」に要請している。また日本オリンピック委員会も一部の負担に応じたが、赤字分を解消する見通しは立っていない。【江畑佳明】

都公立教員のわいせつ 4割は勤務先の児童、生徒被害(産経新聞)
原爆症東京訴訟、唯一敗訴した男性の上告棄却(読売新聞)
<鳩山首相>夫婦別姓制度「基本的には賛成」(毎日新聞)
<火災>住宅の一室焼け、女性死亡 大阪・西成(毎日新聞)
シー・シェパード“放置”する米・蘭・豪は「テロ支援国家」(産経新聞)