競売への出店商品

テーマ:

競売への出店商品には、数限りなく種目がありますが、

競り市出場をして出店する側になり稼ぎたいと思えば、

仕入れが問題になってしまう。

 

競売に何を出店するかで、

儲けも変わってきますし、

大きく稼ぐのは駄目でも、

競り市ページに参加して、

おへそくり財貨を望むという時折、

なるべく安く薄く仕入れて譲るということが基本です。

 

競り市集まりには、図書も満杯出店されています。

 

「せどり」といわれる古本を

ブックオフなどの100円カーブで購入後に、

競り市出店するのも一案だ。

プライスター価格改定の性能を確かめる

 

ブックオフなどの100円の文庫本カーブなどでは、

意外に新刊文庫に間近いような美容代物文庫もありますし、

絶版になっている虎の巻詩文庫などもみつかったりする。

 

ブックオフなどでは、

グラビア役者ピクチャーブックなども探せます。

 

競売にセコハンとして図書を出品すれば、

図書便り送料も高いですし、

売れなさそうな趣向もしますが、これが他と売れていたりする。

 

ブックオフに敢えて立ち寄るヒマの無い自分や、

地方で本屋の遠い自分などは、

競売で見つけた図書が割高でも買ってくれたりします。

 

競り市出店の為の仕入れは、

安価で引き取りなければ意味がないですから、

図書ラインは仕入れさえ安価で手に入るなら得するといえます。