2013/02/06 新しく来た子と、いろいろなこと。 | HOTDOGDAYS!!

HOTDOGDAYS!!

神奈川県で犬の保護をやっているKDPmayuのブログです

 
  
先日のセンターからの引き出しの犬たちをアップしたい!
と思いつつ。
なんだかなかなか良い写真が撮れず。
裏ブログから数枚持ってきてのアップです…。
また撮れたら改めて!

 
  
  
センターで。
これから、車に乗り、病院へ。
そのあとやっとお山です。

 
黒いほうがプロットハウンドのミックス。
まだ若いです。
人懐っこくかわいいです。
名前はすずおです。

イングリッシュポインターのまきこ。
おんなのこ。
繁殖の後捨てられたようです。
ものすごくかわいいです。良い子です。

 
 
もう1匹、イングリッシュポインターのおんなのこ。
この子も、繁殖と見られます。
と、なると、2匹は中年です。
この子もとても人懐っこく、かわいい良い子です。

 
ミックスのおとこのこ。
顔が傷だらけ。
かっこいい、犬っぽい犬。
わたしはこういう犬ぽいの、大好きだなぁ。
名前は石松!
きっと立派な良い家庭犬になると思います。
 

 
 
ミックスのおんなのこ。
小さめ。10キロあるかないか。
名前はぴちょんちゃん。
ちょっとこわがり。



 

すずおは、来た次の日は大暴れしていました。
人にはナイスでしたが、犬を嗅ぎまわり、ケンカをふっかけ…。
そういう子、多いのです。
人間だったら、とりあえず大丈夫なところに来たっぽい。とわかるかもしれませんが、
犬はそこまで理解できないのだと思います。
別にすずおが特別凶暴だとか、そんな話ではありません。
みんな、不安なのです。

前回に来た、甲斐犬のくまごろうもずいぶん落ち着きました。
かわいくなってきました。
私を見て、「ぺ、ペロってやりたいんだけど…どうしようかな」
というもじもじした仕草をしたりしてきました。
余裕もでてきたようです。




ポインターのおんなのこたちは、どちらも人懐っこくかわいいです。
痩せている子は、センターにいるあいだに食べることができず、
痩せてしまったそうです。
がんばって食べようとしたのでしょうか。顔を咬まれて腫れています。

この子が来て、ガリガリにやせ細っているのを見て、
その痩せ具合を見慣れてしまっている自分にショックを受けました。
普通の人が見たら、びっくりして病院にすぐ連れて行かなきゃ!と思うほどの痩せ具合です。
うちでこの子にしてあげることは、普通の子よりも消化の良いフードを、お腹を壊さない程度に与えること。
顔は酷く腫れているので、薬をもらいに行こうかと思っていますが。

痩せている子、たくさんたくさんいるのです。



家族として、ともに最後まで過ごしてくださる、
里親さんを募集いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。



**********





葉山にある雑貨とリゾートウエアのショップ&リラクゼーションサロン、
ラウマウナさんから、今月もYARRAのご支援をいただきました!
いつも気にかけてくださって、本当にありがとうございます!

ウエットフードやトリーツなども混ぜて送ってくださるので、
犬たちの体調などに合わせて与えています。
ウエットフードなどは老犬たちに食べさせています。
とても助かっております。
いつも、感謝しております。

ラウマウナさんでもYARRAのご購入が可能です。
http://www.laumauna.com/


 





*******




 

週末。
卒業生ゴロが、亡くなりました。

写真は、まだ卒業前、お山にいた頃。
年末に、遇然会うことができました。
いま思えば、とてもラッキーな再会でした。
一年ぶりに会ったゴロは、しっかりと私のことを覚えていてくれて、
別れ際も、いつまでもずっと見送ってくれていました。

ゴロは、ご家族をはじめたくさんの方々に愛されました。
とても大きな立派なポインターで、普通ポインターといえば中型犬ですが、
ゴロは大型犬でした。
性格も良く、とても良い犬でした。
すでにおじいちゃんでしたが、必ず譲渡するんだと、じょうとかいに連れて行っていたころがとても懐かしいです。
保護犬は、センターから出せればしあわせになれるわけではない。
里親さんとめぐりあい、家族に見守られて命を全うすること。そこがゴール。
ゴロは、愛されて、愛されて、良いゴールを迎えることができました。

里親さん宅に迎えられてから、1年と、2ヶ月。

大型犬のおじいちゃんを、先住犬、猫が数匹居る状況で受け入れることは、
悩みも不安もあったであろうと思います。

Oさんご家族、本当にどうもありがとうございました。

介護もさせず、ご家族の揃っている週末を選び、
まったく、最後までかっこいいやつです。


本当はもっと、ご家族がどんなふうに大切にしてくださったか、
ゴロがどんなにかわいい犬だったか、
たくさん書きたいことがあるのですが、
良いゴールを迎えられたとは言え、
悲しくてこれ以上書けません。


だいすきなゴロ。
これからもずっとだいすきです。