育児は思い通りには
いかないのは分かってましたが、
さっそく...ガクリ


娘、退院延期です。。


黄疸の診断で、
2/28(生後5日)から
光線療法を開始しました。

4日目の赤ちゃんの退院診察で
基準値18に対して
17.9というギリギリの数値でした。

5日目も採血して
結果次第では
退院延期も言われてました。



でも、すごく元気で
おっぱいも
たくさん飲んでくれてたし、

何かしてあげたくても
何もできないし。。

頑張って
おっぱい飲んでもらってました。



でも、ダメだった。。


助産師さんに
赤ちゃん、
居残りになっちゃったみたいで...

って言われて、
その時は動揺もあり
あー...そうですか。。

としか言えず。
「居残り」にも引っ掛かった汗


助産師さんと話してる時に
別の助産師さんが部屋に来て

こすずさん、
授乳の時間で、
赤ちゃんすごい泣いちゃって汗
来てもらえますか!?


これ聞いて、

あぁ、娘がいくら泣いても
おっぱいあげられないのか。。

って思ったら、
涙が止まらなくなったううっ...


顔洗って深呼吸して部屋を出て
授乳室に着くまでに
また涙が出て溜め息で誤魔化して。。


娘は泣き止んで寝ちゃってたけど、
起こして授乳始めたら
やっぱり元気に飲んでくれて
なのに一緒に帰れないのが淋しくて。

でも可愛くて
めっちゃ複雑な気持ち。


授乳途中で寝ちゃったから
搾乳して助産師さんと
翌日以降の流れとか話してたら
涙腺崩壊して、号泣してしまいガクリ



新生児の黄疸は、
3/10人で特別珍しい訳じゃない。

光線療法が嫌なんじゃないし、
ちゃんと目を保護してやってくれてるし、
娘は何も分からず
いつもと同じポーズで寝てるし。

何もできない自分が悔しかったううっ...


上手く効果が出れば
翌日には退院できるんですが、

ずっと母乳あげられないのとか

娘が起きても
目隠ししたままで怖くないかなとか。



また友達に助けを求めて
いろいろ話て、

今できることは、
娘ちゃんが元気で戻ってきたとき
欲しがるだけ出ないと
可愛そうだから絞れ~!

って、
今、私にできることって
母乳の準備だけなんだな
って開き直れました。


意地の搾乳で、新記録です好




---

この後、娘が
今日退院できるか
確認の電話をします汗

緊張で泣きそうnayamu*