ギャルの聖地・渋谷109をPRIDE戦士がジャックした。9月10日に開催される「PRIDE無差別級グランプリ2006決勝戦」(さいたまスーパーアリーナ)を2日後に控えた8日、GP準決勝に勝ち進んだミルコ・クロコップ、ヴァンダレイ・シウバ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、ジョシュ・バーネットの4人が渋谷109前のイベントスペースで公開会見を行った。
 当初は4人がファンの前で決戦に向け意気込みを語る予定だったが、ミルコらが姿を現すと、歩道はおろか交差点まで人があふれるパニック状態となり、警察がイベントの中止を要請。109史上最高となる約3000人のファンが集結したが、ひと言もしゃべることもなくわずか3分で終了となってしまった。

 イベントは残念ながら中止となってしまったが、あらためてPRIDEファンの熱を証明する形となった。