2019年に期待される防水材料

テーマ:

少し前になりますが、防水専門誌で2019年に期待される防水が特集されていました。

その中で、気になった項目は、

①近い将来に望む防水材料、工法

1.材料、工法の改良 2.耐久性、耐用年数 3.簡易施工、施工性向上 4.工期短縮 5.コスト

6.環境 7.保証 8.計量 9.メンテナンスフリー 10.臭気

②信頼している防水工法

1.アスファルト熱工法 27.3%

2.塩化ビニール系シート 13.9%

3.ウレタン塗膜      13.4%

4.改質アスファルト常温工法 11.4%

5.改質アスファルトトーチ工法 10.9%

6.FRP塗膜             8.9%

③2019年に最も期待する防水工法

1.ウレタン塗膜     26.4%

2.改質アスファルト常温工法 20.9%

3.塩化ビニール系シート     15.4%

4.FRP塗膜            8.8%

5.アスファルト熱工法     5.5%

6.改質アスファルトトーチ工法 4.4%

 

*何もかもそろった防水はないかもしれませんが、少しでもニーズにあった副資材、材料をご紹介していきたいとおもっています。生産性と環境は重要なポイントになってくるのではと感じています。