人手不足が深刻化しています。特に化学業界は厳しいのではないでしょうか?地域、業種によっては待ったなしのように思います。

政府はその状態から脱すべく、人手不足解消に新たな在留資格をつくろうとしてます。島国で単独民族に近い日本では抵抗感があるとは思いますが、残念ながら、見渡す限り老人になろうとしている中、致し方ないように思います。

ただ、もし又、不況が来て人手不足が解消どころか、人手過多になった場合に一度雇用した外国人をむげにはできません。そこが難しいところといえます。解決策は雇わないか、雇って未来も仕事が不足していない状況にするかです。頑張らないといけません。

 又、現在、ベトナムからの労働者が増加傾向にあります。日本で働く外国人労働者数は、2017年10月末現在で約128万人。このうちベトナム人は約24万人で、全体の18.8%を占めます。これは29.1%の中国人に次ぐ人数で、12年にベトナム人は全体の3.9%でしたが、人数はこの5年間で約9倍にも増えました。ベトナムの人は、まじめな人が多いとも聞きます。

 そのような状況を鑑み、当社ではべトナム人の派遣をされておられます株式会社MRS様と提携して、当社のお客様が希望すれば、MRS様をご紹介しております。MRS様の案内も添付します。MRSさんではお客様が心配されることが多い住居や入国後のサポートまでされておられます。是非活用ください。

 <資料として日本経済新聞、ライブドアニュースから抜粋>