焼酎は今?

テーマ:

焼酎といえば、私の40歳くらいまでは麦焼酎でした。其れも大方「いいちこ」を頼むことが当たり前だったように思います。人によっては梅干をいれ、梅干をそのままの形でのむ人と、梅干の原型がわからなくなるほど、砕く人と両方いたように思います。

私は36歳~41歳まで上海に赴任していましたが、日本人同士の場合は大体いいちこをのんでいたように思います。まさにサラリーマンの定番でしたが、42歳になって日本に帰ってみると、芋焼酎が主流になっておりびっくりしました。中でも黒霧島が人気な気がします。昔は芋焼酎はにおいがきつく、一部の愛好家のお酒だと思っていましたが、今はにおいもなく、味があるので、梅干もいらないので、おいしくいただけます。人気があるのもうなづけます。

ところで、今人気があるのはハイボール人気によるウィスキー(昨対比7.2%増)や缶チューハイなどの拡大によるリキュールやスピリッツ(昨対比13.7%増)が人気があるようです。

焼酎の製造会社の売上ランキングの3位までは下記の通りです。

1.霧島酒造:売上682億5100万円(昨対比4.9%増):黒霧島や白霧島で有名

2.三和酒類:売上464億8200万円(昨対比2.6%減):いいちこで有名

3.オエノングループ:売上396億3100万円(昨対比0.5%増):鍛高譚(たんたかたん)やビッグマンシリーズ

 

50歳以上の人は飲みにいくと1-2杯は焼酎を飲まれるのではと思います。これからもわずかながら貢献していきたいと思います。

(帝国タイムス 2018年10月25日号より)