コンフォートゾーンの本当の意味

テーマ:

サッカーのワールドカップが迫ってきていますが、ワールドカップで今ひとつ日本が結果を残せない理由に、 2006年に日本代表を過去最高位のベスト16位に導いた中田英寿選手は、以下のように述べています。

練習でできないことは試合でできないと思っている。

(中略)

海外の練習だと、普通にディフェンダーが削りにくる。

「削る」というのは、ボールではなく相手の足を狙って、ファウル覚悟でタックルすることです。
ようするに、練習の際、いかに真剣に、試合さながらに練習に取り組めるかという、そういう簡単なところが、命運を分けるということを言っています。
様々な事業に取り組んできて、結果がでる人とでない人の違いは、

  • 原因
  • 結果

というシンプルな法則、この世の秩序を捉えているかどうかだと感じます。
同じように仕事をして、ご飯を食べて、睡眠をしているのに、年収1億円の人もいれば、年収300万円の人もいる。
この違いは、頭の良し悪しや、環境というよりも、どういう姿勢で望むのかという点にかかっています。
お金持ちというと何か悪いイメージを持たれている方も中にはいるかもしれませんが、そのお金持ちがどのような思想を持っている人にせよ、

  • このタイミングで手を抜いたら絶対上手くいかない
  • 最低でもこのくらいの量の仕事は必要
  • この仕事・人間関係をしっかりこなさないと収益化は無理

といった秩序に沿った選択をごく当たり前にこなしています。
サッカーの練習でいうと、練習中にディフェンダーが削るくらい必死にやらないとワールドカップで勝てないのは、当然なこととして理解してやっているわけです。
こう聞くと、なんだかとにかく頑張れ的なことかと思われるかもしれませんが、がんばらなくても一流の意識を持つ秘訣をお伝えしていきます。

続きはこちら