双龍図 / 臨済宗大本山 建仁寺@京都市東山区 |   + Mother Lake +

  + Mother Lake +

著作権は放棄していません。写真の無断引用はおやめください。


テーマ:
+ + + Mother Lake + + + 

  建仁寺は京都五山の第三位、京都最古の禅寺といわれる臨済宗の古刹です。
  臨済宗の開祖栄西禅師により1202(建仁2)年に、鎌倉2代将軍源頼家の庇護のもと創建されました。
  祇園の花見小路を四条から南へ....祇園甲部歌舞練場やWINS京都のすぐとなり、ほんと祇園のど真ん中にあります。
 
  しかしこの週末は暑かったですね。このクソ暑いのに休日には近寄りたくないはずの京都に出てきたのは...
  いつもすばらしい写真を楽しませていただいている探し人さん とこで拝見した双龍図。これが見てみたかったのです。
  あの...午前中に湖北の紫陽花が空振りに終わったと言う話もありますが...ゴホゴホ。
  
  ここ建仁寺は一部の場所を除いて全面写真撮影可となっている非常に稀有な寺院です。
  この写真も借り物じゃなくて私のオリジナル写真なのですよ。(ちょっと角丸とかやってみました。笑)
  探し人さん、よいところ教えてくださってありがとうございました。

+ + + Mother Lake + + + 

  この双龍図、探し人さんのお写真を拝見したときから、なんと超広角向きの被写体♪と思っておりました。
  禅宗では講堂・本堂のことを法堂(はっとう)というのだそうですが、その法堂の天井に描かれているのがこの双龍図。
  実はごく最近の作で、2002年に創建800年を記念して描かれたものだそうです。

  畳108畳分という巨大な天井一面に生き生きと描かれたダイナミックな双龍図、金色に輝く釈迦三尊像。
  双龍図は今にも絵を抜けて出して天井から飛び出してきそうなほどの迫力ですな。
  法堂内のどこから眺めても、まるで2匹の龍に睨まれているかのような錯覚に陥ります。。
  
  しかし、この写真が撮れるまでに何回シャッター切ったことやら...100枚ぐらい??笑
  暗いのもさることながら天井の双龍図と仏像のバランスが非常に難しかったです。特に超広角は水平がとり辛いですな。
  このあとは東山界隈を歩きましたが、そのとき様子はまた次の機会にでも。
  


  ■臨済宗大本山 建仁寺


  京都市東山区大和大路四条下がる小松町584


  京阪3000系 京阪本線 祇園四条駅下車 徒歩7分
  阪急8000系 阪急京都線 河原町駅下車 徒歩10分
  700系のぞみ JR京都駅下車 京都市交バス 市バス206・100系統「東山安井」下車5分 「南座前」下車7分
  
  Old Mini 名神高速 京都東ICから20分
  Old Mini 名神高速 京都南ICから30分


  


Kazzさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス