おらがむら漬 / ニシダや 辻村安右衛門謹製@東山今熊野東入る |   + Mother Lake +

  + Mother Lake +

著作権は放棄していません。写真の無断引用はおやめください。


テーマ:
+ + + Mother Lake + + + 

今朝、当社相談役からおすそ分けにいただいたお漬物。ゴルフの参加賞だそうです。爆
今熊野ニシダやさんの2代目社長様と相談役が友達同士で、社長様は当社株主様です。
会社の季節のご挨拶にもよく使わせていただくのが、こちら「おらがむら漬」..え?癒着??ゴホゴホ。
私も大事な訪問先へのお手土産などには公私共によく使わせていただきます。

しば漬け風のお漬物ですが、大原のしば漬が茄子を主原料にしていたものを、先代安右衛門氏が
胡瓜をメインにアレンジしたのがこちらの「おらがむら漬」。
知る人ぞ知る京みやげの隠れた名品、めっちゃオススメです。
今となってはしば漬け=胡瓜のぱりぱり感が普通で、茄子はおまけなんですがね。

ニシダやさんは卸売をしませんので、基本的にお土産屋さんには売られていません。
京都に来られても今熊野のお店に買いに行かなくては手に入らないのです。
ただし、スーパーなどで定価に上乗せして売ってる場合があります。笑
最近webで販売をはじめられましたが、、めっちゃ画期的ですな。

国産の胡瓜・茗荷・茄子・生姜・しその葉を原料に酸味が少し強調された味。
私はどこのしば漬よりもこのおらがむら漬が大好きで、これさえあればご飯はなんぼでも♪
ぼりぼりとやめられなくなりますが、塩分が少ないせいなのか、のどが渇かないんですよね。
もちろんお酒のあてにも重宝しています。

写真は大原女をモチーフにした包装紙の上に、白い器に盛った「おらがむら漬」。
あざやかな赤い色を再現するのにホワイトバランスや露出補整をいろいろいじってみましたが。
このあたりが限界です。笑


■ニシダや


京都市東山区東大路通今熊野東入る

京都市交バス京都市交バス JR京都駅から市バス208 今熊野下車(乗車約10分)
京都市交バス京都市交バス 阪急河原町・京阪祇園四条から市バス207 今熊野下車(乗車約15分)

web.http://www4.ocn.ne.jp/~nisidaya/

Kazzさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス