mizzお刺身に挑戦@釣った魚はおいしく食べる |   + Mother Lake +

  + Mother Lake +

著作権は放棄していません。写真の無断引用はおやめください。


テーマ:
たくさん釣ったあじごはもちろん持ち帰ります。
しつこいようですが(ほんまにしつこいわ。)わが家の家訓「釣った魚はおいしく食べる。」
どんなんして食べようかな♪(でも、ロングドライブでくたくたなので今回ボクは料理する気なし。笑)



といってもすでに時刻は20:00、途中夕食を食べて家に帰り着いたのは23:00。
出かけるときに氷をクーラーボックスに入れていきますが、帰り道コンビニに立ち寄ってロックアイスを大量に補充します。

元船乗りのわが親父いわく、「青魚は一晩氷詰めにしたほうが、味わいが増してうまい。」
氷詰めにすることで死後硬直の状態を長く続かせると、旨み成分がまわってより味わい深くなるんだそうです。
釣ったばかりの魚は歯ごたえばかりで味がない、TVで歯ごたえが~なんて言ってるのは味がないって言ってるようなもんだと。
とにかく疲れきった体に鞭打って深夜にお魚を捌かなくていいのは助かります。

さて一夜明けて。
まず5㎝ぐらいの小さなあじごは妻の手によりフライになりました。(写真はごく一部。笑)
あまりに小さいのでひとくちでぽいっと口の中へ。小さいけれど鯵は鯵ですな。これが100匹ぶんぐらいあります-。
まぁビールがすすむすすむ。ビール




いわし、前回の記事でウルメイワシと書きましたが....................
わが家にある(!)お魚図鑑で調べてみると、トウゴロウイワシという種類でした。
イワシとつきますがボラに近いんだそうで、味がよくないので食用にはしないとか.........おいしかったのにっ!
生姜を加えて甘辛く炊いて、糸トウガラシをのっけてあります。コレも妻の作。(地味な料理が多いね。笑)



大き目のあじごは分けてみると25匹ほど、三枚におろすと半身がお刺身一切れぐらいのサイズになります。




ここで息子mizz登場っ!お刺身やってみたいと言っております。

さすがに三枚おろしは難しいのと、たぶん身がなくなってしまう可能性大なので..............笑
妻が三枚におろしてmizzが皮を剥いて盛り付けを担当することにしました。
包丁の背を使ってなかなか器用に皮を剥いています(←親バカ。)



で、こんな感じにできました。↓




まぁ見かけは悪いけどねぇ、お味の方はうまかったっすよ。本人かなり得意げです。笑
またお刺身やってみたい。 → お父さんまたお魚釣り行こうな。となることを期待してるのです。
ともあれよくやった♪




Kazzさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス