相続クイズ171『相続人が兄弟姉妹の場合、代襲相続はその子供(甥・姪)までで終了する』〇?✕? | コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

杉並区の行政書士 コンプライアンス小松﨑が遺言・相続・許認可や日常のことを書いていきます。

こんにちは。遺言相続にあかるい杉並区の行政書士コンプライアンス小松﨑事務所です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

遺言相続ブログランキング参加中、ポチっとしてみてください。

 

『相続人が兄弟姉妹の場合、代襲相続はその子供(甥・姪)までで終了する』〇?✕?ということなのですが、

 

まず、法定相続人には相続順位があり、

必ず相続人になるのが配偶者

第一順位が子供

第二順位が両親

第三順位が兄弟姉妹

で、相続人が兄弟姉妹になるのは子供がいなくて、両親も亡くなっている場合です。

 

次に、代襲相続とは、被相続人より先に相続人が亡くなっている場合に、被相続人から見て孫、ひ孫、甥・姪等等が相続財産を受け継ぐことをいいます。

 

子供が亡くなっていれば孫へ、孫が亡くなっていればひ孫へと第一順位の相続人が亡くなっていれば永遠に代襲を繰り返していくことになります。

 

では、相続人が第三順位である兄弟姉妹の場合、代襲相続はその子供(甥・姪)までで終了するのでしょうか?

 

こたえは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇です!

 

兄弟姉妹が死亡していると、その子供である甥・姪までで代襲は終了します。

 

これは、関係の薄い方が棚ぼた的に相続権を獲得するのを防ぎ、笑う相続人を出さないための仕組みです。

 

代襲相続は相続人が死亡している場合の他に、相続欠格者や相続排除者がいる場合にも認められます。しかし、相続放棄者には適用されません。

 

 

遺言相続などについてのお問合せはコチラ
https://compliancekomatsuzaki.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B-1/
 

行政書士コンプライアンス小松﨑事務所