相続クイズ170『相続排除は亡くなった方の兄弟姉妹には使えない』〇?✕? | コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

杉並区の行政書士 コンプライアンス小松﨑が遺言・相続・許認可や日常のことを書いていきます。

こんにちは。遺言相続にあかるい杉並区の行政書士コンプライアンス小松﨑事務所です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

遺言相続ブログランキング参加中、ポチっとしてみてください。

 

『相続排除は亡くなった方の兄弟姉妹には使えない』〇?✕?ということなのですが、

 

まず、相続排除とは被相続人(亡くなった方)の意思で生前に家庭裁判所に対して排除請求をする、又は遺言書に相続排除者を明記し、相続が発生した後に家庭裁判所に排除請求をして、相続人の相続権を剥奪させることです。

※遺言書による相続排除は必ず遺言執行者を指定しなければなりません。

 

では、この相続排除は、兄弟姉妹には使えないのでしょうか?

 

こたえは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇です!

 

相続排除の対象となるのは遺留分を有する推定相続人です。

 

遺留分が認められていない兄弟姉妹には使えません。

 

ちなみに相続排除の対象となるのは、被相続人に対しての虐待・侮辱、財産を勝手に処分・着服、犯罪を犯して有罪判決を受けた、財産目当ての婚姻・養子縁組などを行った場合に相続排除者となります。

 

しかし、親の面倒を見てこなかった、親の反対を押し切って結婚した、親不孝をしてきたなどの理由では相続排除が認められる可能性は低いかもしれません。