相続クイズ169『認知症の相続人がいる場合、代理人を立てずに遺産分けをして良い』〇?✕? | コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

杉並区の行政書士 コンプライアンス小松﨑が遺言・相続・許認可や日常のことを書いていきます。

こんにちは。遺言相続にあかるい杉並区の行政書士コンプライアンス小松﨑事務所です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

遺言相続ブログランキング参加中、ポチっとしてみてください。

 

『認知症の相続人がいる場合、代理人を立てずに遺産分けをして良い』〇?✕?ということなのですが、

 

こたえは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✕です!

 

認知症の相続人がいるにも関わらず、代理人を立てずに遺産分割協議をしたら無効になります。

 

認知症・知的障害・精神障害などで判断能力が不十分な方の代わりに後見人が財産管理や契約行為などの法律行為などのサポートを行う制度である成年後見制度を利用して遺産分割をしなければなりません。

 

 

遺言相続などについてのお問合せはコチラ
https://compliancekomatsuzaki.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B-1/
 

行政書士コンプライアンス小松﨑事務所