相続クイズ168『代償相続ではその旨を遺産分割協議書に記載すべき』〇?✕? | コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

杉並区の行政書士 コンプライアンス小松﨑が遺言・相続・許認可や日常のことを書いていきます。

こんにちは。遺言相続にあかるい杉並区の行政書士コンプライアンス小松﨑事務所です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

遺言相続ブログランキング参加中、ポチっとしてみてください。

 

『代償相続ではその旨を遺産分割協議書に記載すべき』〇?✕?

ということなのですが、

 

まず、代償相続とは、相続人の一人が相続財産を取得し、他の相続人に対して「代償金」と呼ばれる金銭を支払って調整する方法です。

 

相続財産がお金だけなら、簡単に分けられますので問題ないはずですが、相続財産の中に不動産などの分けにくいものがある場合には、

代償相続が利用されます。

 

では、代償相続を選択した場合、その旨を遺産分割協議書に記載すべきなのでしょうか?

 

こたえは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇です!

 

代償分割を選択し、代償財産を渡して、相続分を均等にするということを必ず記載しましょう。

 

どのように遺産分割協議書を作成するのかというと

 

①各相続人の相続財産を記載

 ※死亡保険金などのみなし相続財産は受取人固有のものなので記載は不要です

 

②代償財産をいつまでにどれだけ渡すのかを記載し、署名・押印

 

これで代償相続を選択したという証拠が残ります。

 

 

ちなみに代償財産はお互いが納得すれば、現金に限らず不動産でもOKです。

 

 

遺言相続などについてのお問合せはコチラ
https://compliancekomatsuzaki.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B-1/
 

行政書士コンプライアンス小松﨑事務所

 

 

 

 

遺言相続などについてのお問合せはコチラ
https://compliancekomatsuzaki.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B-1/
 

行政書士コンプライアンス小松﨑事務所