相続クイズ166『相続放棄をしても遺族年金は受け取れる』〇?✕? | コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

杉並区の行政書士 コンプライアンス小松﨑が遺言・相続・許認可や日常のことを書いていきます。

こんにちは。遺言相続にあかるい杉並区の行政書士コンプライアンス小松﨑事務所です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

遺言相続ブログランキング参加中、ポチっとしてみてください。

 

『相続放棄をしても遺族年金は受け取れる』〇?✕?ということなのですが、

 

まず、相続放棄とは、相続人が遺産の相続を放棄することです。

 

被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースや、家業の経営を安定させるために後継者以外の兄弟姉妹が相続を辞退するときなどに使われます。

相続放棄をした人は初めから相続人でなかったものとみなされます。

 

次に、遺族年金とは、国民年金や厚生年金の被保険者が死亡した際にその方によって生計を維持されていた遺族に支給される年金のことです。

 

では、相続放棄をしても遺族年金は受け取れるのでしょうか?

 

こたえは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇です!

 

遺族年金は遺族がその固有の権利に基づいて受給できるため、相続財産に含まれません。

 

ですので、相続放棄しても遺族年金を受け取れます。

 

ただし、遺族年金の受給者に年収の制限がありますし、未成年者の子供がいるかどうかで受給金額に差が生じることがありますので、気になる方は年金事務所に問い合わせてみましょう。

 

 

 

遺言相続などについてのお問合せはコチラ
https://compliancekomatsuzaki.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B-1/
 

行政書士コンプライアンス小松﨑事務所