終活クイズ129『3世代同居していても1つの戸籍に記載されている訳ではない』〇?×? | コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

杉並区の行政書士 コンプライアンス小松﨑が遺言・相続・許認可や日常のことを書いていきます。

こんにちは。遺言相続にあかるい杉並区の行政書士コンプライアンス小松﨑事務所です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

遺言相続ブログランキング参加中、ポチっとしてみてください。

 

『3世代同居していても1つの戸籍に記載されている訳ではない』〇?×?ということなのですが、

 

こたえは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇です!

 

一つの建物に3世代同居していても現行の戸籍では別々の戸籍になっています。

 

 

昔はお家制度を重視して、そのお家の長たる戸主を中心に戸主の配偶者、戸主の子供やその配偶者、戸主の孫や戸主の兄弟、甥姪など多くの親族が一つの戸籍に記載されていましたが、現行戸籍では一世帯は夫婦と子の核家族単位で考えられるようになりました。

 

 

子が婚姻した場合は、父母の戸籍から抜けて、配偶者とともに新たに戸籍を編製することになります。その結果一つの戸籍には親子の2世代しか記載されなくなりました。

 

 

遺言相続などについてのお問合せはコチラ
https://compliancekomatsuzaki.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B-1/
 

行政書士コンプライアンス小松﨑事務所