終活クイズ127『本籍地は住所地と同一の市区町村でなければならない』〇?×? | コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

コンプライアンス小松﨑の行政書士って何する人?

杉並区の行政書士 コンプライアンス小松﨑が遺言・相続・許認可や日常のことを書いていきます。

こんにちは。遺言相続にあかるい杉並区の行政書士コンプライアンス小松﨑事務所です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

遺言相続ブログランキング参加中、ポチっとしてみてください。

 

 

『本籍地は住所地と同一の市区町村でなければならない』〇?×?ということなのですが、こたえは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

×です!

 

本籍は、人の戸籍上の所在場所で、日本国内でいずれかの市区町村の区域に属することとされています。

 

この戸籍の所在地は、現住所と関係なく自由に定めることができますし、移転させることもできます。本籍を移転することを転籍といいます。

 

転籍先は日本国内どこでも可能ですから、北海道根室市などの北方領土や、島根県隠岐郡の島町の竹島、沖縄石垣市の尖閣諸島を本籍地とすることも可能ですし、中には東京都の沖ノ鳥島、皇居や阪神甲子園球場を本籍地とする人もいます。

 

しかし、戸籍は本籍地の役所でしか取得できませんので、住所地と同じ場所にしておいた方が取得が楽です。

あまりにも遠いと郵送で請求するしかありません。

 

 

遺言相続などについてのお問合せはコチラ
https://compliancekomatsuzaki.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B-1/
 

行政書士コンプライアンス小松﨑事務所