セブパシフィック機内に忘れ物をしてしまったら…忘れ物センターは存在するのか…

11月15日~11月26日早朝までフィリピンはマニラに行ってきました。
マニラは危険!という評判、そして今回はクリスマス前で、クリスマスプレゼントを買いたい人たちによる、スリをはじめとした窃盗、強盗、その他の犯罪が増えていると聞き、警戒心マックスで行動してきました。

現地人が声をそろえて危ないというディビゾリアにも行ってきましたが、その話はまた今度。

そして無事、何も盗られず、なくさず、26日の早朝、無事成田空港に到着。

そこから3時間家に着いて、iPadで本でも読もうと思った矢先、

iPadがない、あれ、あれれ、えーっっーーー!!

という状態に陥った次第です。


よく思い出してみた結果、機内でiPadで本を読み、そのまま座席の前のポケットに入れて忘れて飛行機を降りてしまったようです。

半分諦めつつも、空港に電話して遺失物センターに届いていないか確認しようと思ったのですが、「セブパシフィック 機内 忘れ物」と調べても一向に良い記事が出てこなかったので、今回ブログにまとめてみた次第です。


まずは忘れ物は空港に届くはずだ!


まずは空港だと思い、「成田空港 機内 忘れ物」と調べてみました。
そうしたところ、成田国際空港公式WEBページのトラベルサポート、よくあるFAQというページが出てきました。http://www.narita-airport.jp/jp/travel/faq_ask/asklist.html

ここに忘れ物という欄があったので、ボタンを押してみると、http://www.narita-airport.jp/jp/travel/faq_ask/asklist.html#lostに飛びます。
そこで、落とした場所が特定できる場合という欄に航空機内というのがあります。
そこに航空会社へ連絡して下さいと書かれ、航空会社というクリックがあるのでそこをクリック。

そこには成田空港に乗り入れている航空会社の一覧が出ています。http://www.narita-airport.jp/jp/guide/t_info/index.html

五十音順に並んでいるので、セブパシフィックを探してクリック。
http://www.narita-airport.jp/jp/guide/t_info/2_ceb/index.html


結局セブパシフィック航空に電話したってことですね!


電話してみたら、日本語が若干怪しい女性の方が対応してくれました。
iPadを忘れたんだよ、あれ高いから探してーって一生懸命説明したのですが、成田に到着した便はその日のうちにフィリピンに戻るからフィリピンのカスタマーセンターに電話してくれの1点張り。

そんな馬鹿なー!
ちょっと腹が立ったので、乗ってきた便も座席も聞かずにそんなことわかるんですか?成田に着いたら、必ず清掃とか忘れ物チェックとかありますよね?その時にあったはずだから確認してほしいんですけど、と食い下がる・・・

しかし、そんな日本語を彼女はわかったのかわからないのか…

「どちらにしてもフィリピンに持ち帰りますから、フィリピンに連絡してください」

・・・

・・・

・・・

なぜだー、せっかく成田まで来て、成田に到着した人の忘れ物なのに、なぜフィリピンに送り返すんだーと叫びだしたくなる気持ちを抑え、とりあえずカスタマーセンターの電話番号を聞く。

+632-7020-888

これはセブパシフィックのホームページにも載っているマニラのカスタマーセンターと同じ番号。

https://www.cebupacificair.com/jp-ja/Pages/contact-us.aspx

ここからは国際電話になる上に、日本語で話をしても時間がかかるのに英語で話をしたら、長時間かかってしまうと思い、スカイプを使って国際電話。(結果15分くらい話しましたが200円くらいの通話料で済みました)

いざ、マニラのセブパシフィックカスタマーセンターと英語で対決だ!


私の英語がつたないせいか、スカイプの音声が悪いのか…
「I lost my ipad in airline which arrived Narita this morning from Manila. Could you check that flight's lost.(iPadを今日の朝の便でマニラから成田に着いた飛行機に忘れたんだけど、チェックしてもらえないかな?)」

と言っているにも関わらず、

「OK,You would like to book tomorrow's flight, right ? What's your name, sir?(明日のフライトの予約ね、お名前は?)」

「My name is・・・(名前は・・・)」

ちがーう!何でiPadなくしたのに、また明日の便に乗らなきゃいけないんだ。
フィリピンまでiPadを取りに来いってことか・・・
話が全く伝わってないではないか。

その後も一生懸命英語で説明する。

「I can't hear you」

を連発されながらも、やっとiPadを機内に忘れたことが伝わる。

彼女からは、

それは日本の成田の職員に聞いたほうが確かですよ!と言われるものの、彼らがカスタマーセンターに電話しろっていったんだーと主張する。

これ以上たらいまわしにされてたまるか!と思い粘りに粘る。

彼女も困ってしまったらしく、今度はここに電話してみてと電話番号をいう。

た、たらい回しじゃないかと思いつつ、これ以上主張しても彼女も困ってしまうと思い、電話番号を聞くことに。

556-4687

ん?

番号が足りないような・・・

番号これだけ?と何度も確認する。

私日本にいるんだけど、国番号あるでしょ?

と聞くと、ここにかけた時と同じだという。

+632-556-4687

で良いのかと念を押す。

イマイチ要領を得ない回答だったが、私の微妙な英語に、しかもスカイプで音声悪い中つきあってくれた彼女に感謝して、上の番号にかけることを決意して電話を切る。

ちなみに彼女の名前はAIRISだそうだ。別にいらない豆知識。


たらい回し状態、さすがフィリピンの航空会社


よーし、と意を決して、たらい回しにされたところへ電話。

しかし、何度かけてもつながらない・・・

一体どうなっているんだという気持ちになってきてしまいました。

忘れ物が届いてないならともかく、機内に忘れ物をしたらどこに電話をしたらいいのかも教えてくれない航空会社ってなんなんだーっと。

しかし、日本の常識は通用しない、相手はフィリピンの航空会社、しかも格安。

飛行機代をケチったばかりにiPadが出てこないなんて大赤字なのではないか。

どうしたら良いんだ。

そこで思いついた!

フィリピンの航空会社に日本の常識が通用しないなら、日本人を窓口に出してもらって伝えてもらったらいいじゃないか!

フィリピンのカスタマーセンターはダメだ、やはり成田空港だろう。

ということで、最初に電話した成田空港に再度電話。
http://www.narita-airport.jp/jp/guide/t_info/2_ceb/index.html

セブパシフィック航空よ、iPadを返してくれ!


改めてかけてみると今度は日本人っぽい男性が対応。
どうやら、セブパシフィックは午前中の便しかなく、セブパシフィック航空の人間ではない人がセブパシフィックの名を語り、代わりに対応してくれているようだ。

なので、明日セブパシフィックの人がこないとわからないと言う。

しかし、むしろ私には好都合、今までの経緯を説明し、何とかしてほしいとお願いする。

すると、帰国した便と座席をこの一連のやり取りの中ではじめて聞かれ、確認しておきますので、明日の11時に電話を下さいと言われる。

さすが、日本人同士! 意思疎通が出来た!

あるかないかはともかく、忘れ物として届いているかはすぐわかるはずだと期待感が増す。


iPadとの再会


仕事の都合で11時には電話出来ず午後2時ごろ連絡をする。
そうすると昨日の男性から、成田空港のほうが調べて電話をするというので待っててください。
お急ぎならここに電話をして下さいと電話番号を教えてもらう(0476-33-2988)

午後4時ごろ、成田空港から電話がかかってきて、iPadを発見したので着払いになってしまいますが、お送りしますがよろしいでしょか?と聞かれる。

もちろん答えはYESだ!

結局1,000円もせずに翌日の昼頃には着払いで届く。

最初の人に言いたい、フィリピンに全部持って帰るなんて嘘じゃないかー、日本に会ったよ、日本に!
なんのためにカスタマーセンターに英語で電話したんだー。


まぁiPadも返ってきたし、貴重な経験ができたと思っていますが、おかげでブログにこうやってかけている。

マニラに着いた時に忘れていたら絶望的だったかもしれないが、さすが日本、そして日本人という結果に終わりました。

まとめ、セブパシフィックの機内に忘れ物をしたら


成田空港着の飛行機なら必ず成田空港にある。

セブパシフィックの片言で日本語を話すスタッフがなんと言おうと日本にある!

フィリピンのカスタマーセンターにかける必要はない!

願わくば、話が通じなければ、日本人スタッフはいないか確認しましょう。

そして、説明する。

もしかしたら成田空港のスタッフに連絡するようにお願いされるかもしれませんが、遺失物は航空会社ではなく、成田空港で一括して預かっているようなので、それで間違いないはずです。

あまり検索してもセブパシフィックで機内に忘れ物をした時の対処法が書いてなかったので、書いてみました。
何かの参考になれば幸いです。

フィリピンに関する記事をたくさん書いていますので、良ければご覧ください。
http://ameblo.jp/kazuya-yoshida/theme-10071959855.html

特に人気なのはこちら!
フィリピン タクシーの乗り方 マニラ空港編! 料金交渉の体験談。

フィリピン タクシーの乗り方2 マニラ市街編 体験談

ペタしてね読者登録してね