肥満は流産の原因となる | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

 

染色体正常胚を移植しても肥満は流産率を高くするという内容の論文です。

 

今回PGTをして正常と診断された胚を移植しています。体重で4群に分けて比較検討していますBMIは<18.5、18.5–24.9、25–29.9、30に分けています。

上のグラフAのように出産率はBMIの上昇とともに低くなります。

上のグラフBのように流産率はBMIの上昇ともに高くなります

 

いくら正常な胚を移植したとしても肥満の場合には流産しやすいといえます。

 

Fertility and Sterility® Vol. 115, No. 6, June 2021 

Female obesity increases the risk of miscarriage of euploid embryos