卵巣の位置が遠い場合には経腹採卵を | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

 

採卵は通常は経膣から行います。ただ子宮の裏に卵巣がありとても刺す事が難しい場合には経腹で刺す事をお勧めします。

下からだと10センチ近く刺さないと届かない場合でも経腹だと2センチも刺さずに採卵が可能になります。

経腹での採卵を行なった方に痛みはどちらが強いか聞くとほぼ全員が経腹の方が楽と言います。今まで経膣からかなり刺していたのでお腹からの方が痛みはとても少ないとのことです。

 

今月号の論文に先天的な位置異常の方に対して経腹での採卵を推奨している論文がありました。

ユーチューブに動画を公開しており参考になります。

 

 

Combined transvaginal and transabdominal oocyte retrieval in a patient with an ectopic ovary and unicornuate uterus

Fertility and Sterility® Vol. 115, No. 5, May 2021