グレードが悪いと不安ですが | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

38歳です。胚盤胞が5個凍結出来て、良いものから移植しています。最初の胚盤胞はグレード4ABでしたが、流産になりました。次の胚盤胞はグレード4BBでしたが、化学流産になりました。残っているのは4BB,4CB,4BCです。
良い胚盤胞から移植して結果に結びつかなかったので、残っている胚盤胞で無事に産まれるかとても不安です。

この様なご質問がありましたのでお答えします。


グレードの高い胚盤胞の方が妊娠率が高い事はデータとして出ています。
その為ご質問の通りで、確率が下がる為妊娠しにくくなる事は間違いありません。

ただ、胚盤胞のグレードとはあくまで1つの形態での基準でしか無く、決して胚の染色体を調べているわけではありません。
凍結した時点での胚の形態的な評価です。
受精の状態、分割のスピード、3日目の胚のグレードなども見ながらトータルでの判断も大切です。

実際の臨床ではグレードの高い胚盤胞から順番に戻していって、最後の1番グレードの低い胚盤胞で無事に産まれるケースも結構あります。

不安なお気持ちは理解できますが、最後の胚盤胞までしっかりと移植をする事が大切だと思います。


胚盤胞とグレードの妊娠率に関しては過去の記事も参考にして下さい。